今年のクリスマスケーキ教室の試作。2種類候補を考えていたのでまず、一つネイキッドケーキを試作。しっかり目のココア生地にたっぷりのバタークリーム!この年でバタークリームもどうかと思ったけど、たまにはいいかと。ネイキッドは見た目通り透け感のあるむき出しのこと。コーティングも簡単。さらにスポンジ生地を2段重ねの高さあるパーティ向きのケーキです。存在感あり。

カットするとこんな感じ。サンタもビックリの大きさです(笑)
ひと切れがでかい。。
が、なんとこのケーキ実はバタークリーム。昔つくったふわふわバタークリームで仕上げたクリスマスケーキは、メレンゲ入りで軽かったので結構食べれましたが、、バター、粉糖、牛乳で仕上げたほんもののバタークリーム。。。最初は、良かったものの半分ほどで軽い胃もたれ(笑)うっぷ。。胃が抵抗しているのが分かる。
こ、これは年齢的に無理。または、パーティーなどで胃が麻痺してる時にしか食べれない、。これが歳をとるということだろうか。。ココア生地を濃いめにしたのでバターとよく合うものの、、試作するときの年齢を間違えた。なので、体を張った試食ケーキは封印し、今年は加糖練乳でつくる生クリームでクリスマスシフォンにすることにした。優しい味です(笑)

数年、ケーキばかりだったので来年こそ、シュトーレンにしたいな、と思う。早めの仕込みが必要なので忘れないようにしないと!