ルタンド・イクノ

眼科

延期していた眼科の検診へ。コンタクトレンズを注文するたびに(メルスプランで定期的に注文している)検診を、、と言われていたのでついに。視野検査、目の細胞検査?、視力といろいろしたが初めての視野検査に手に汗にぎることに。結構長い間の検査で一点見つめたまま視野に光るものをみつけたらボタンを押すというものだったが、時間とともに集中力はきれて一瞬ぼんやりしてしまったり、そのうち光ってるのか妄想なのかわからないままボタンを押してしまい「今のって、、何?」と思ったり、、遠くで何か光ってるような気もしたけど一点見つめたままでの検査なので眼球は動かせないし、、とりあえずボタン押しておこうと思ったら、すぐに次の光が見えたりして、、、なんとも緊張した検査だった。。。結果的には緑内障は心配なし、(前回、ひょっとしたらと言われていたので)そして40歳のころ診断された白内障は結構に進んでいるとのこと。白内障はどうすることもないので、静かに進行するのをじっと待つのみ。私は子供のころから皮膚アレルギーで全身にステロイド系皮膚治療クリームを塗っていたせいでステロイド白内障になっていたようだ。副作用で手の爪も反り返っている。10年くらい全身に塗っていたのでそりゃ副作用も出ると思うが、ステロイドはほんとにすごくてどんなに掻きみしって血だらけの皮膚やカサブタを一晩できれいにほぼ元の皮膚にもどるというアレルギーっこには奇跡の薬だったのだ。おかげでいじめられることなく子供時代を過ごせたのだが。。。

「近い将来、手術ですね」と先生に言われ、そのうち視力が伸びなくなるので免許更新の際0.7以上視力が伸びなくなれば手術目安だと。近い将来って、、何年だ?母もずっと白内障の手術をしないといけないんだけどとぼやいているが、もしかしたら親子で一緒に日帰り手術にしたほうが楽?と思ったり(笑) 最近は老眼で少し遠目のほうが見えることに視力がよくなっている気分になっていたのに(近眼なので遠くが見えないから)。。その前は歯の検診でした。目と歯は自分でどうしようもないので病院まかせ。昔、保険屋さんに昔の人はガンや白内障になるまえに早くに亡くなっていたからね~長生きするのも大変なんですよ、と。確かに。。 気力だけ元気でなく実際に健康にすごさねば。。