ワタシは毎週火曜夜の番組
「関ジャニの明日はどっちだ」を
ときどきみるんだけど、
今週は20代のがんばる女子の応援だった。
結構よかったので内容を友人に話そうとしたんだけど・・
うまくいえなくて、
「えーっと、、盲導犬でなくって猛獣犬?みたいな表現で
 すっごい危険な鳥、、ワシとかタカのことってなんていうんだっけ??」
と聞いたらば
「えーっと、そうですねー鳥だから・・・・・・・
 も、も、も、、、
猛鳥犬じゃないですか?!」
「あ!そっかーなるほ、、」
・・・・
それって犬じゃん!
あーーーー!!
オバカな二人はしばし間違いにも気づかず、納得した猛鳥犬。。
って鳥の犬ってなに?
で、結局わからずじまいで話はすすみ、ま、ようするに
タカとかワシを調教する仕事をがんばる女子の応援よ。
で、猛鳥犬で盛り上がりすぎて番組の内容はさほど盛り上がらなかった。。
こんなはずじゃないのに。
来週みてねってことで終了。あーあー。

そして、ここんとこためていた無花果をついにジャムにした。
母に
「いつ、ジャムにするの?」となんども聞かれ、、
ついに完成。
1キロ作っても、ビンに二つしかできない。
青菜のおひたしと、ジャム作りには毎回がっかりしてしまう。
完成後のあまりの量の少なさに。。
むかし、母に
「青菜は男にみせるなって言うのよ」
と聞かされ若いころは、はて?て思っていたけど、今は確かに、、と思う。
たくさんの青菜が まさかこんなちょっとだけとは
知らずにばくばく食べちゃうので
見せてはいけないと。
ワタシも昔、、、、
母が作った大根葉の炒り煮がおいしくてバクバク食べていたら
すっかりなくなって
「おかわり」
「え?もうないわよ」
「うそーあんなに葉っぱあったやん!」
「ゆがいたら、そんだけになったの」
がーん、、。うそや。。。
ジャムもそんな感じです。
何キロも作ったのに、え?こんだけ?になってしまう。
この無花果ジャムもきっと1か月もたないんだろうなー。。
うーん。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です