実は、先週からお葬式が3件もあり、
年の近い人ばかりではなかったので、覚悟はあったのだろうけど
それでも誰かと別れるのはつらい。
しかし、こればかりは順番があるわけではないし誰でもわからない
わたしは早くに父を亡くしたので痛感している。
だから、一日ブツブツ文句いいながらケンカしたり、食べ過ぎたーと贅沢な悩みをいい
元気に過ごすことのシアワセを忘れてはいけないのだ
そして、みんなと仲良く元気に暮らすことが何よりの供養だということも忘れてはいけない。
それが残された人間のすべきことなのだ。
と、ちょっとおセンチな内容になってしまったが
お葬式も終わってゆっくりした午後からやっとほんとに自分の時間。
といってもほとんど掃除片付けで終わってしまう。。。
カーテンや大物を洗って、久しぶりにアロマクリームと消臭スプレーを作った。
春はニオイと手荒れがキニナル季節です~
季節の変わり目に手の皮もガッサガサに剥けてたけど、、、
ぜいたくホホバオイルクリームを使いだして
一切!皮がむけなくなりゴム手袋もここ数年使っておりません。
さすがの贅沢高級品ホホバオイルです。実感。。。
アロマクリームで癒されながらお次はパソコン机のまわりを片付けに、、、
一番ハチャメチャに散らかるんだなー、、、
机の横にある引き出しつきサイド机を片付けしてるとやはり目についてしまった
The KITTE
そう。収集癖のある趣味の一部に切手がある。

かなりいろいろあるけど、あんまり言うとドン引きになるので、、
名の知られたシリーズで。
ノーマンロックウェルの切手。有名すぎて皆知ってるだろうけど
淡路島にロックウェル美術館があって買ったもの。誰もがどこかで必ず目にしたであろう
ロックウェルの絵はアメリカの時代背景から日常生活、リアルなのにあったかいといった
思わず目をとめてしまう感じが好きである。
真ん中のはKABUKI
成人式の服を買うためにブランドメーカーのファッションショーにいったときの
招待状だ。ステキなのでとってる。
そして、石原裕次郎切手。
なんでこんなものを買ったかというと、父がものすごくファンだったので
思わず買ってしまった。でも、いつ見てもかっこいい。
ちなみに皇太子結婚記念切手も持っている
忘れもしない会社員だったころ、朝の9時からの限定販売だった。
もちろん平日販売。どうしてもほしい。。。
運よく総務だった私は朝イチに「課長!急ぎの書留だしに行ってきます!」
と、まんまとウソをついて切手を入手してきたのだ。
今思うと朝いちばんに書留だしたところで早く着くわけでもないし
明らかなウソの対応してくれた寛大な課長に感謝します。。。

ワタシが切手好きなのを知っている友人は海外にいくと時々切手を買ってくる。
これはともに韓国切手。面白いのとかわいいのを買ってきたらしい。
切手ひとつにも こんなに?深い思い出があるのでますます捨てられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です