野球

次男の野球人生のおかげでふだん行かないような場所へ一年中あちこちへいく。
坂出、牟礼、志度、みろく、津田、満濃、津山、徳島、愛媛、高知、和歌山
そして、レクザム。レクザムは何度もいって何回も泣いたなー。
この夏は次男最後の夏、全国大会出場をかけて高知へリーグ戦7月3~5毎日
高知安芸へ通っていた。
「俺ら、全国大会いくから」と
父兄、まわり皆を
「は?なんの冗談?」という雰囲気のなか、ほんとにやってのけた。
子供のころからそうだった。どんな状況でもどんな相手でも「今日は、絶対勝つ」と
きめたらほんとに大逆転で勝つのだ。
今回の毎日試合でもそうだった。
初日、初回1回表で6点とられさすがに「やばい、、」と思ったらしく
まさかの裏で7点返し、9回まで点をうばいあいのギリギリで逃げ勝ち。ふー。
2日目。強豪とされていた学校が2回戦で敗退。去年の優勝候補は2試合連続で
疲れ気味。そんなところへ前日の笑いと冷や汗をかいた次男の学校との試合は
やはり、ヒヤヒヤだった
しかし次男はチームのなかでも一目おかれているらしくヤツができると
チームも盛り上がる。バツグンのぶれない投球力、打球力でまさかの盛りあがり。
応援父兄も「みんな、本気やな」
いつも、本気半分なのだ。
台風の雨のなかグランドもぬかるんで足元とられる状況のなかギリギリで逃げ勝ち。
もしかして明日勝ったら四国大会優勝?全国大会?
気持ちをみんな抑えていたけど誰もが「勝つにちがいない」と思っていた。
そして、3日目、やはり台風の雨のなか決勝。
縁起がいい3塁側、後攻。みんな勝利の波にのっているので試合も流れがよかった。
3日目もイチローかと思うくらいのダッシュの速さでとったフライ。
誰もが、無理かと思ったフライをとって試合の流れもさらにかわった。
まさかのダブルプレーにもうちょっとでトリプルだったのに!もあり。
他の選手もミラクルプレーがあり、ベンチから「おまえ、あんなんできるんや!」
と、笑いの渦。
次男の野球をみて、思うのはいつも「あきらめない。迷わない」
ほんとによくがんばったうえに、皆がほんとに楽しそうだった。
相手の学生も楽しそうで「笑顔がないよー!」ベンチから声がかかる。
チームスポーツは最後に涙と笑顔があるのがいい。
こないだテニスをしている父兄から個人競技のシビアな話をきいてこわかったし(汗)
ということで8月最後は家族そろって(?)
全国大会久留米へいっていきます。やったー!

手に汗にぎったギリギリのセンターフライをゲットして
ガッツポーズ!
仲良しのレフトくんと一緒に笑顔へベンチ帰り♪
ファインプレイのあとベンチで皆と大賑わい♪

優勝したので記念撮影。
メダルをかけてご機嫌。
いつもどおり次男の専属ストーカーばりに写真をとって
満足満足♪と思ったら、
父兄のみなさまから
「あとで集合写真おくってねー」
え?
「ねえちゃん、どゆこと?」
「妹が撮ってるからあとで送るってみんなにいった」
「え?ねーちゃん!あたし、次男しか撮ってないよ!」
「まじ?!」
「当たり前やん!叔母バカやのに、次男しかほぼ撮ってない」
3日間でほぼ700枚ほど撮りました。ふー。。。
削除することは簡単だけど、撮り直しは二度とできないからね。
スポーツカメラはハマるな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です