最近1週間が半月くらいの濃厚さで、、
ほんの数日まえのことも、何週間も前のように勘違いして
ずいぶんごぶさたしてごめんねーとやたら謝ってしまう。
ということで先週もバタバタとした日々でした。
㈭は友だちが三越花展にだしているので三越へお花をみに。
流派によってなんだか全然違う。。
ワタシの母は池坊なのでやはり、同じ流派は落ち着くような気がする。

左が小学生の娘作品
右が友人。
すてきでした。
わたしが若いころは生け花、お茶を習うのはたしなみってやつで
ほとんど強制的に習わされていた。すごく嫌で、初級が終わったらやめよーと思って
いつもどんよりしながら通ったもんだ。
美しい所作であったり庭のお花を切ってさりげなく生けることができるのは
昔とったなんとかである。
わたしのことではない
母の事だ。
所作の美しい姿だけで、おなじ食べ物でもおいしく見える。
殺風景な冬のお部屋もお花数本あるだけで気持ちが晴れやかになる。
生活を楽しむことができるのは心のぜいたくだと思う。
久しぶりに花展にいっておだやかになり、
そして家に帰ってドタバタのお菓子仕込みに入る。
優雅な生活はできそうにない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です