自宅教室。
牛ひき肉いためとレタスのサラダ
レモンカレーピラフ
モヤシグラタン
いちごババロアとイチゴクリームのプチケーキ。
もやもや梅雨まえの簡単さわやかご飯。
カレーピラフは炊き上がってからレモン皮と果汁を加えると
酸味と辛みがいい感じで口のなかで広がります。
モラシグラタンは忙しいときの味方で、かつ見栄えよしの
大皿料理。手軽なもやしもたまには主役に。
そしてレタスやキャベツも買いやすい価格になってきたので
どっさり食べれるように牛ひき肉をしっかり味つけして
いっしょに食べれるようにしてます。
せん切りキャベツでもおいしいかも。
水水しい野菜が体を潤してくれます・・

そして!いよいよ苺も最終。
イチゴババロアとイチゴクリーム。
なんど食べてもおいしいイチゴババロア。
いちごは人を幸せにするな~・・・・しみじみ。
教室が終わったあとに、我が家の二階でこっそり勉強していた甥っ子三男が
おりてきて、少々あまったごはんたちをもくもくと完食。
そして、ひとこと。
「この微妙な余り方なんなん?!」
お年頃だから無理してまでは食べないんです
と言っても若い甥っ子には理解できなかったようだ。
チーズが苦手な甥っ子なのでもらしグラタンはぎりぎり限界だったようだ
そして、カレーピラフは前からお気に入りだけど
「このレーズン入れないかんの!?」
このカレーピラフはレーズン入り。この酸味が全体を和らげるんです。
「意味わからん」
老いと若きはまだまだ食の距離があるようです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です