秋野菜の甘酢炒め 出張教室

ちょっと忙しくしながら、
いつものように季節の変わり目で夕方になれば微熱がでるという、
面倒くさい日々を送っていました。
すっかり秋になればいいのに。。。
さて少し前に香西へ夜の出張教室に行ってきました。
今回は、小学生と専門学生、大人4人
少しおちついた人数でした
*おからときのこのバーグ
*秋野菜の甘酢炒め
*きのこのマリネ
*あずき寒天
きのこ嫌い、根菜嫌いの学生と、
好き嫌いがない小学生
でも秋なので、容赦なくきのこづくしに。
だけど、デザートは2人ともNGでした
人の好みはわからない・・・
いつもおじゃましている家の奥様がかわいい食器をそろえてくれていたので
小学生女子はにんまり。
食べるときもにんまり。
お気にいりの食器があれば食べるときの楽しみがあるので
作業も前向きにがんばってくれました。
普段から晩御飯をよく作るという小学女子なので
苦にはならないけど体力と集中力はまだ子ども。
途中、ぼんやりして動きがとまりはじめると
「つかれた?」
こくん。とうなづく。
そりゃそうだ。
毎回、7~10人分作るのだから疲れて当然。

プレートに、かわいいパンダ皿。
ソース使いにもいいけど、料理をするときにちょっと調味料をはかったり
とろみ作りにと大活躍。
いいな~わたしもほしい。。。
いつものように食べたあとに、コーヒーまでいれて長話。
ほんとに女性はよくしゃべる。そして、そんなババ話をしていても
小学女子と専門学生女子はマイペースにすごしそばにいる。
子どものころからこういう様子を見てきているから
女子はしゃべるのがふつうになるのだろうか。。
おそくに、京都で専門学生をしているまーくんが帰ってきて
おでむかえ。だけど、22時半もすぎてオババたちは軽い睡魔に目も半開き。
「おかえり~まーくーん!」がやがや話すも睡魔が・・
京都の抹茶バームクーヘンのおこぼれをいただいて、ほな。さよなら。
さすが、京都の抹茶バーム。おいしかった。。。
夜の出張教室をしてくれないかという話になってから、、、
3年?4年?になる。
成長が楽しみでもあり、おばばたちの体力の衰退も気になるところでもあり。
人が集まるのはいいことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です