cotta プレミアムメンバー キャラメルナッツのトルテ ネットショップ
甥っ子三男が入院しました。

な、なにが?!なにがあったのだー!と
私と母は大騒ぎ。

腸炎。

腸炎で入院?


最近、なにかおかしいなーと私と母でひそかに思っていて
毎日、わたしの家に自転車を置いて電車に乗るのに
㈬から自転車が無い。
暑いから家から駅まで車で送ってもらっているのかなーと思いつつ
いや、でもこんなに毎日?
そして、帰りはわざわざ駅にきてもらうより、私のクルマで送ってもらったほうが
無駄がない。
うーん。。

さらに木曜、夜、友達と高松にむけて車を走らせているとき
途中のドラッグストアでたまたま姉のクルマをみかけた。

「あ!ねえちゃんの車だ」と思ったけど、、
こんな中途半端な時間、こんなところで姉の車、、おかしい。
甥っ子を迎えにいって帰ってきたとしても時間がおかしい。。
急ぎの買い物があるとしても、この方面に姉がわざわざくるのも、おかしい。
甥っ子が通う眼科、皮膚科もこの辺じゃない。
そして、いつも忙しいのが口癖の姉が、暑いからといって甥っ子を
迎えに高松まで行くはずがない。

おかしい条件しかない中で、うーん。。。と悩み。
甥っ子に何かあったのか?と、ひそかに疑問をもっていたけど
それなら連絡があるはずだし。
でも、何かあった当日ならば、連絡あるとしても今日の夜くらいだろうし。。


もやもや考えていたら
姉から電話着信。

キタ!

「腸炎で救急入院しました」

えー!
金曜はお見舞いにいけなかったので土曜、母といく
ずいぶん回復したようで
「俺、寝てたんですけど~」

寝起きに母と私で、いつからどうなったのか、何でそうなったのか、
症状はどうなのか、誰が病院までつれてきてくれたのか、
最初はどんな症状だったのか、なんで日赤なのか、
2人して、質問責めにしていると
「もぉ~~!!!うるさい!何回も同じことしゃべりすぎて疲れたわ」

しかし、そんなことでひるむ私たちではなく
「私らは、今日初めて聞くんだからしょうがないでしょ!」

「めんどくさいな~。。。最初はぁ~水曜の夕方にぃ~熱が39度になって~」
「39度!なんで!いつから?それで?どこの病院いったん?何したん?」
「だから~、今、話しているからちょっと黙って聞いて。」
「あ、はい」
「熱がひかずに、そのうち下痢は半端ないことになってお腹が激痛で、またいつもの病院に
行ったら大きい病院にいってくださいって言われて~」
「最初からなんで大きい病院にいかないの?!!」
「最初、熱だけだったもん」
「そやな、ほいでほいで?今は?」

と、この会話を長々と続けているうちに、
「最初に熱がでたんは、いつ?火曜?水曜?」
「火曜」
「病院いったのは水曜なのに、なんで火曜に病院いかんかったんな!」
「だからぁ~火曜っていうか、火曜の夜中、ていうか水曜朝3時とか?」
「あ、だから水曜ね。それで?」
と、また最初の話に戻るという・・・・

甥っ子はというと、クーラーはきいてテレビはエンドレス、
寝る、観る、食べるの毎日で、点滴はまだまだ続く。
そして、「結構、気楽~」と入院生活も快適なようだ。。そりゃそうだ。

そのうち姉がきて、原因をきくと
連休のバーベキューで食べた鶏肉だと思うと言っていた

あー、カンピロバクター?
潜伏期間2~5日とネットにでていたので、まさにそのとおりだった。。

ま、元気そうだからよかった・・
そして、女三人そろってあーだこーだとしゃべっていると
「静かにして!隣の部屋、人おるんで!」

はいはい。

「まだ、おるん?うるさい~~~みんなかえってぇ~
1人になりたい~」などと、勝手なことを言いだす始末。

ふん。

一時間ほど病室でだらだらと過ごして、
「ほなそろそろ帰る?」
「え!帰るん!」

さみしいだろうけど、帰るわねとおばば三人組は帰り、
はいはいばいばい~とあっさり。

「退院のときは来たほうがいい?」
「は?なんで?」
退院となると私なぞ、ますまず用がない

「それなら退院祝い、用意しといて~」
「腸炎で入院して退院祝いってどゆことな。
鶏の照り焼きを退院祝いにするわ!」
「まじか」
「フルーツでも買うわね」


はー、、
何かにつけて、ハラハラさせる甥っ子三男なのである。。。

それにしても、

本当に気をつけないといけない季節だ。
とにかくしっかり火を通して、疲れを残さないように!!
Img_eb2ca9936f71c5ea7798383a6add2f0f
Img_b8650dd8fae1773dd173a47f1d6555b2
ごはん教室でした

暑い~・・
もう夏は十分堪能しましたって言える。

さて、今月は習ってきた中国料理をメインに。
異国の食文化、まったく違います。
学ぶところ多くて新鮮です

作ったのは北部のマアシイ
南部のにゃんどうふ

北部は気候により小麦が盛んなのでご飯はほとんど食べず
麺料理が主。水餃子が有名な地域。味は薄味。
ながーーい麺から短い麺、小さい麺、揚げ麺、炒め麺
ものすごく種類があるそうです。
ぐるぐる巻きにまいた麺もありました。
粉から広がる無限の世界。
だけど、パンはほとんど食べないらしく
パンはおやつ扱いだそうです。
ふーん。

そして、南部。南部はフカヒレが代表料理で
あっさり味。
そして、にゃんどうふの にゃんは、漢字がでないのですが
餡のこと。
北部からの移ってきた人達が餃子を懐かしんで作った豆腐餃子。
南部では小麦を作っていないので高価なものらしく
北部からきた人たちが豆腐を餃子の皮がわりにして肉を詰めて餃子がわりに食べていたらしい。
こういう食の歴史を学ぶことができるので
外国の料理教室は楽しい。

それにしても、麺を作るのも手間がかかり、
にゃんどうふは、意外と豆腐の詰め作業にあたふたして、
中国は、、手先が器用な国なのかね~、、、
でも、家族やみんなで集まってわきあいあいと麺を作ったり
お茶を飲んだり、いいな~と思う。
昔、友達の友だちに韓国人の子がいて
キムチを漬ける季節は絶対に帰らないといけないそうで、たびたび帰っていた。
誰か忘れたけど、中国の方から「餃子の皮って買うの?!作らないの?!」と
驚かれたことがある

お国あるあるだ。


さて、がんばって作った麺スープ。マアシイは野菜がたっぷりで麺もたっぷり。
しっかり野菜を炒めて、麺をゆがいたナベに野菜を移す。
味は塩だけ。
にゃんどうふは豆腐をくりぬいてお肉をつけて両面焼き。
お豆腐たっぷり食べれてお肉も食べれるまんぞくおかずです。

あ、それと、しそナムルとしそご飯。

しそは、
せん切りにしてキッチンペーパーで包みぎゅっとしぼると茶色の汁がでます
それがアクなので、水にさらさなくてOKです
塩としそをご飯にまぜて簡単しそごはん。
大量にシソを消費できます。
シソナムルは、コチュジャンが入るけどコチュジャンはビビンパにつかうので
そんなに辛くない味。
炒めものや、お汁、煮物にちょっと加えるとおいしい。

デザートは
ラズベリーレアチーズケーキ
ラズベリーも乳製品も高くなっているので
昔ほど手ごろな金額で作れなくなりました。。
でも、季節ならではのさわやかこっくり味のスイーツなので
この夏、ぜひ作ってほしいスイーツ。


夏は、アジア料理!のイメージだけど、
こうも暑いとアジアどころでない。
水分をほんとうにたくさん取って、
塩レモン蜂蜜水を作って、よく飲んで、食べて、寝る。

子どものころの夏が、懐かしいな・・・