cotta プレミアムメンバー キャラメルナッツのトルテ ネットショップ
Img_b0f71b40897dc2f82820cf42c912b96d
遅くなりましたが

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い致します。


年末は年越ししふぉん、年明けしふぉんの製作販売に追われ
あっというまに2018終了。年末はお正月のお花やおせちの準備、
自分の仕事にと、こんなに忙しかったかな、、と毎年思う。

それでも、
お菓子仕事で年納めをできたことにありがたく思っています。

いつものことだけど、自営業なのでいつ廃業してもいいと思って仕事をしているだけに
一年無事に仕事があってこなすことができたことに、安堵感と感謝の一年でした。

世代交代もあり時代の流れもあるなかで
サンプルはない、写真はイメージ、同じものは何度も作らない、食べたいと言われても
店がないのでいつも商品はない。そして、新しくお菓子屋さんやお菓子先生が増えるなか
私のお菓子を選んで食してくれる方々に本当に感謝です。


袖触れ合うも多生の縁

わたしはこの言葉は好きなのですが、
袖というと着物のイメージになるけど、現代でいうと
電車で座った隣の人、会社、同僚、仕事先で出会う人、もしかしたら一生のうち
一回しか会うことのできないかもしれない出会いです。
いいことがあれば縁起がいいね、いいモノやいい人に出会うと縁があるね、
別れや失くしものは、縁がなかったんだな、と。
わたしたちの日常は縁の連続です

良しも悪しも縁です。何かしら意味あってのこと。
きっと自分の今生のノルマが終われば悪しき縁も終わるはず、そして
良き縁は大切に。
簡単に連絡がとれる今の時代だからこそ、他人とのつきあいが粗雑に無造作に扱うことが
慣れてしまっているかもしれません。

だからこそ、人の関係を丁寧に扱うことが大切な時代だと思います。




今年もおいしい笑顔と幸せつながる一年になりますように

よろしくお願い申し上げます。


2019.1.7 ikuno


Img_7056bdf3659664c6dceb1aba05a5afc2
試写会でした


ボヘミアンラプソディー

クイーンの映画。クイーンの音楽は好きだけど本人はあまり好きではなく
興味もあまりなかったんだけど、映画館で予告をみたら見たくなってしまい。。

応募したも当たらず、あーあーと思っていたら
姉から「当選したけど、興味ないからあんたいく?」と連絡が。
いきますとも!!!

いつもの映画友達と行くことに。といっても友達は母とおない年の76歳。
わたしが昔、コーヒー屋で働いていたときの同僚で、かつ町内ご近所、
かつ同級生の母。
精神的に若く、おいしいもの好きで私と同じで食に対してちょっと面倒なタイプ。
さらには絶対舌をもっているので信頼でき、とても気があう

友だちは。年齢的に子育てに忙しいときに流行ったクイーンなので聞いたことはあるかな、くらい。
私はちょうど思春期というか中学のころ流行ったころ。


そんな二人でみた映画は、

すっごくよかった!!

フレディ・マーキュリーはじめバンドのことをそこまで知らなかったので
とてもよかった。生まれやコンプレックスや家族との葛藤やもろもろの孤独。
一曲一曲のできあがる過程も映像でみれて、ほんとによかった。

そして、バンドメンバーが本人?と思うほど全員そっくりで度肝をぬかれたし
歌が、すごい!いい。
フレディはCGで本人の動きをかぶせたかのように一挙手一投足そのままで
生き返ったのかと思うほど。

最後の21分に涙と感動に震えるとパンフに書いていたけど、
私も感極まって泣いてしまった。音楽映画なのでスクリーン会場が大きく
全身で聞く音楽はちょっとしたコンサート状態のよう。
2時間15分は短すぎる。

あの時代にあんな音楽。子どものころになんだこの音楽?!!と胸をドキドキさせて
聞いた覚えがある。どこで聞いたんだろう。
父が洋楽かぶれだったので、エルビスからビートルズ、
マイルスデイビスもアームストロングにノーランズまで家で聞いていた
中学のころは友だちの家に集まってはカルチャークラブやマイケルジャクソンを
レコード(!)で聞いた。
だけどクイーンはどこで聞いたか覚えてないのに、ほとんどの人が
聞けばほぼわかるはず。こんな音楽の幅があるグループがあるだろうか。
いまもドラマやCM、バックミュージックに高校野球の応援歌で使われ
いつ聞いても飽きないし、そんなシーンにも使えるし
どの時代の人が聞いてもノレる!
私の甥っ子でさえ歌う(歌えてないけど(笑))

映画が終わったあとも帰りのエレベーターのなかで友達と興奮冷めずに話し
パンフレットをみてると後ろの人から「あら!それどこにあったの!!?」
「エスカレーターの横にあったんですよ」と伝えると
「すっごくよかったら友達に教えたいからパンフレットとりにもどるわ」
とエレベーターを降りずとんぼがえり。

帰りの車のなかでも盛りあがりは止まらず「CD買うわ~」と友達。
「コンサートとか行ってみたいわ」年齢的にいったことないしね。
「高松に大きい施設ができるから!もしや海外アーティストがくるかもしれんやん!
そのときは一緒にいこう!都会と違って渋滞なしのJRでいけるよ」

そんな時代がくるかな~♪

きてほしい。




Img_f42a7bc8c1c3724d837be8bfcff177ae