キャラメルさつまいもケーキ

再びキャラメルさつまいも。自宅教室です。キャラメルを作りながら「秋ですね~」生地がキャラメル色になれば「秋ですね~」試食になれば「秋って感じ~」な秋教室でした。キャラメル色とさつまいも秋満喫を浸りつつ。。キャラメルさつまいもは、洋風大学芋な感じで作るのも簡単でおすすめです。

前日作ったりんごジャムとチョコアイス、キャラメルさつまいもをそえてもりもりデザートプレートです。今年の食べ納め、おいしかったです。さて、教室で毎回いろいろ話をしますが、、今年は忘年会がなくてよかった~と思っていたらリモートで社内忘年会があるとかで、、。斬新です。。そして私においては高校の同級生から突然電話があって30年以上話もしてないし、高校時代仲良かった友達とは全く交流がないのでピンとこなかったけど、コロナで時間ができたのを機に連絡をとっているそうで。コロナでまさかの色んなことが起きます。年明けて落ち着いたらランチにでも行くことに。そして綾川町のshowshowshopクリスマスフェアでも今年初めての酢大豆、りんごジャム、アロマクリームを販売します。普段私が愛用しているものばかりなので、コロナならではの冬ごもりにお試しください。

さらにコロナならではで、、健康診断の予約もとれず。。。婦人科診断は3か月待ってやっと先日行き、胃の検診も予約がとれず2月1日に予約開始とともに電話をすることに。チケット販売か!?と思いつつ仕方ありません。。特に胃が悪いわけではないけど、50過ぎたら胃の検査はちゃんとしたほうがいいと言われることが多いので今回はまじめに行くことに。教室に来た生徒さんも市内で通う歯医者で衛生士さんがコロナにかかったのでずいぶん歯医者に行っていない、怖くて行けないとか、美容室も密だからとかで。。でもすでにwithコロナで生活していく現状なのでマスク、除菌で恐れず生活しようということに。どこへ行っても検温、除菌、空気清浄、換気が当たり前の設備になってきています。数か月前までは検温も係の人がおでこに機械をあててくれてたけど、最近は据え置き検温計で自動だし、三越なぞ入口通るたびに勝手に検温してくれます。肉屋の友達のところは除菌スプレーが出ると同時に体温を測ってくれるというすごい便利な機械がありました。すごい世の中になってきた。。

マンバ

ついに,マンバやダイコン、ゆずが届く季節になりました~。最近、写真がぶれて綺麗に撮れない・・

マンバのほろ苦いにほい。大好きな季節がやってきました。さっさとゆがいてアクぬきをして、ダイコンはまだ甘みが少ないと叔父が言っていたので母がもらってきたゆずとともにユズダイコンに。冬のお楽しみ漬ける、炊くの季節です。ゆずの残りはゆずマーマレードに。通常ならば和歌山へ行き柑橘とはちみつをたんまり買って帰る予定だけど今年は地元で我慢です。冬は冬だけのお楽しみがあるので今年はおうち時間が長いぶん、食で楽しみを増やさねば。

最後の誕生日ケーキ

誕生日ケーキ製作の注文は受けていないけど、友だちから無理を承知でどうしてもと。。私もあまり覚えていないが昔、誕生日にバナナのキャラメルクリームケーキを作ったらしい、私が。秋の誕生日ケーキはフルーツが少なくてバナナとキャラメルクリームで作ったところ大変喜んだそうで。

私が誕生日ケーキを作らなくなったので色々なところでケーキは買ったけど、、、やはりバナナキャラメルクリームケーキをつくってほしいらしく、高校三年間だけでいいから!日にちも無理を言わないからお願い!!とのことでこの三年間、三回作ってきたキャラメルクリームケーキ。いよいよ今年最後この冬、大学受験になりました。無事に大学生になってくれたらどこでも何でもいいわ、、と友だち。分かる。。手のかかる子ほど、何でもいいからとにかくどこか受かってくれーの心境である。

そして「息子に言っといて。来年はバナナキャラメルケーキ作らないから!受かるしかないからね!(笑)」「絶対言っとく!」

一人息子なので県外の大学に行けば自分の毎日のすごし方も変わる。慌ただしい塾の送迎もないしお弁当も作らなくてもいい。実家の独り暮らし高齢母の世話に専念できるそうだ。「たまに、晩ごはん一緒に軽くすませましょ」「ぜひ受かってもらわないとね(笑)」