四国ガス ピポット高松

ピボット高松で大人キャラメルチーズケーキの教室でした

広くて開放的です。毎回思うけど、、住みたい!一般家庭でここまで広くキッチンを作れないのてまあこがれです。

 

さて、キャラメルチーズケーキ。キャラメル作りから始めました。最初テフロン鍋でキャラメル作りをしましたが色が分かりにくいので、ステンレス鍋に変更。質問もあったので、お菓子作りはテフロンよりステンレス鍋で作るほうがおすすめです。色がわかりにくかったです。そして、皆で無事にチーズケーキ仕上げました。

試食です。試食は私が用意したものです。キャラメルソースとマスカット添え。コロナ感染予防でお一人様ずつ仕切りして、黙食です。声は聞こえないけど笑顔でおいしい!の心の声が聞こえて、ひと安心。

作ったケーキは一人1台おみやげ。食べ頃は夜、本当は翌日が一番おいしいんだけど、そこまで我慢できるかな~。

次回は来年予定です。また新しい楽しい出会いがありますように。

キャラメルチーズケーキ納品と珈琲

毎月の納品配達、おやつ配達。キャラメルチーズケーキでした。

8月はお休みしていたので久しぶりに数台のケーキを仕込みしました。そうすると、、、ちょっとカンがすぐにもどらず「なんだかな~」な感じをしつつ仕込みしましたが。いよいよ、わたしも廃業の文字が近づいてきたのかも。。と不安になりました。。。お菓子作りは感覚と勘が大事。言葉や文字では伝えられない過程がたくさんあるので、体力と勘がにぶってきたら仕事のやり方を変えようと思っている。それが一瞬、垣間見たような気がして、、、ちょっと怖かった今月のおやつ。。仲のいい作家さんに「定年決めてる?」と聞いたしまった。辞め時がわからないし、まだ何かやってみたいから、まだかな~とお返事。いつまでも同じようにはできないから、やり方を変えて、年齢に合わせた仕事をやっていきたいと。なるほど。お菓子は、スピードと集中力、体力が必要。10年前は寝る時間を削り、ふらふらになるまでがんばれたのが、今ではいい記憶と歴史になっています。

最近、数字を間違うから、計量がちゃんとできるかな~が一番の悩みです(笑)

さて、毎月お菓子納品でぐるぐるいろんなところへ行くけど、8月お休みしている間に、友達や皆にいろんな出来事が。。やはり月に一度のパトロールは大事だと実感。仕事をやめたり、コロナに感染していたり、膝の手術で入院、リハビリをする、保育関係の仕事をしている知人はふらふらになっているし、、。わたしの坐骨神経痛なぞ、どってことないと思って弱気にならずがんばらねば。最近95%ほど回復しました。やれやれ。。

配達途中にぱんだ珈琲さんへ。秋限定ブレンド「ちいさい秋」を。

家に帰ってすぐに!ちいさい秋ブレンドとキャラメルチーズケーキ検食。

しかし、、、これは焼きいもと合う珈琲では?と思い

毎日作っている焼きいもと再び一緒に。わたしは焼きいもにバターをのせて食べる派なので、珈琲と合う。空焼きできる厚手のフライパンを持っているのでアルミホイルにサツマイモを置き弱火で50分焼くと焼きいもに。焼き芋にしておくとおやつにもなるし、サラダにも使えて、カレーにのっけても、チーズ焼きにしてもおいしいです。ちなみに、我が家は焼き芋としてどんどん食べてしまうので、そこまでアレンジすることは、ほぼありません(笑)

子供のころから家に焼き芋、焼き栗を祖母が作ってくれていたので、今でも習慣です。アツアツ焼き芋はバニラアイスとの相性もいいので、今の季節、秋限定のお菓子を買うのもいいけど、昔からのおやつの基本「焼き芋」おすすめします。

敬老会

連休初日、敬老会の粗品を受け取りに母校の体育館へ。ここ数年はドライブスルーのように車から降りずに手渡ししてくれる。そして、毎年受け取り場所は子供のころから通っていた小学校。懐かしいです。自分が通った6年間、そして甥っ子三人が通った12年、合わせて18年なんやかんやと通いました。変わらないです。変わったのは。赤門のイメージ。

私が子供のころは木造校舎でもっと小さく、赤門を通って通学していたので大渋滞。子供だったので赤門がとても大きくみえていたけど、今みると、とっても小さい。。休日なので入れないようになっていて近づいてないけど、小さく見える。当時赤門がある学校は全国でも多くなくテレビに出たこともあるはず。

貴重な赤門です。いつまでも残ってほしいな。来年も敬老会で赤門を確認してきます。

校舎も古くなって工事をしていました。そうだよねぇ。。

さて、いよいよ秋めいてきた。お茶の季節です。毎年三越で一保堂の販売があるので、母に買ってきてもらった。ほうじ茶と番茶。母が高知出身であり昔から番茶を飲んでいたので、香ばしい番茶が大好き。徳島番茶もおいしいけど、炒り好みはこちらの番茶が好きである。地域によって炒りの香りが違うので旅行に行った際、お茶を買ってみるのもお楽しみです。

こちら、フルーツパプリカ。近所の仲良し独り暮らしの年上友達の敬老会粗品を一緒に受け取りにいったので、

お駄賃でいただいた(笑)とっても小さくて卵より少し大きいくらい。柔らかく、食べやすい、完食しやすい。サラダトッピングでいただいています。パプリカ嫌いの母も、これなら食べてくれます。そして、冷蔵庫にあるとビタミンカラーで元気が出ます。そろそろ秋物、土色カラーの野菜の季節ですね~

フルーツタルト

色々忙しくて忘れていましたが、、先週簡単フルーツタルト教室。チーズケーキの台として使っている簡単タルト台に、温度に左右されにくいマスカルポーネクリームと混ぜやすいメープルシロップを合わせたクリームをのせてフルーツトッピング。

かわいい星型カップが売り切れになり、おそらく夏が終わったので販売終了なのかと。。高さ、形ともにベストだったので来年も使いたいな、、国産桃缶とオレンジ。クリームは生クリームやクリームチーズでなく混ぜやすいマスカルポーネクリームなので道具不要、スプーンで混ぜられます、そして何でも合うと思う。なので、これから秋冬、スイーツがおいしくなる季節に柿ジャム、栗、さつまいもにも合うと思います。何でも合うのもうれしいけど、食べ幅がひろがるのは困る・・

最近、ご近所や姉からお花をいただくので助かります(笑)これもいただきもの。わたしは花の名前はさっぱり分からなくて覚えないけど、好きな花。葉っぱがスパイシーな香りがしてすっきり、お花は小さくかわいい。母は、派手なものが好きなので「どこがいいのかしら」と、シラッとしてましたが、父が好きな花だったので飾ってくれます。母いわく「父は地味な花が好き」らしく、地味でなく可憐でかわいいとか、小さくてやさしい花とか、言い方があるだろうに、。。。

年に一度 父と共有できる花を愛でる時間です。

ハロウィンマフィン

今年は、カボチャ、さつまいも、栗を使わないハロウィンスイーツにしました。毎年いもくりなんきんを使うけど。。             今年は炭パウダーを使うきっかけがあって、すごいブラック感に今年のハロウィンはこれかな~と決めました。ココア。ブラックココア、黒ゴマを使ってもブラックにはならない。ほんとうに黒い!というのが炭パウダーです。しかも体にいい。無味無臭で微粉なので全く感じないけど、量によっては、あ、炭だねと感じることもあります。そして、めずらしくお菓子をトッピングしてポップなかわいさに。。めずらしい~(笑)

上から見た感じ。黒で地味なのでポップな感じにしたかったのです。生地は黒ゴママフィン味なのでちゃんと甘くおいしいです。

断面、本当に黒い。そして、どこをカットしても本当に黒いのです。この炭、微粉なので入り込みます。食べるときに一緒に飲み物を流し込まないと口のなかにのこり、歯並びによって隙間に残ります。せっかく吸着性がありダイエット、腸内環境に良いとされる炭パウダーなので、最後は飲み物で口のなかにのこった微粉を飲み込みましょう。

さて、実はこのハロウィンブラックマフィン。材料は犬用おやつマフィンでした!(トッピングお菓子は人間用です)

人間用のおやつを犬は食べれないけど、犬用のおやつは人間も食べれます。むしろ、甘み、塩味がなくヘルシーなのです。犬用のおやつ、食事は、糖尿病食と似ています。すごく健康的。なので、犬用おやつは、特別な材料で作るものでなく簡単につくれるヘルシーおやつです。買ったものでもいいけど、手作りおやつで一緒に分け合うのも楽しい時間を過ごせます。昔、犬用おやつ、ごはんの資格を取得してワンコごはん&おやつ教室や出張講座をしていたので、久しぶりに作ってみました。ただ、犬用は歯ごたえがあるのが大事なのでこのマフィンも結構しっかり食感です。パンに近いかな。ワンちゃんイベントをした時には、人間と同じでおやつにも好き嫌いがあって見ていて楽しかったな~。

ということで、今年はブラックマフィン。ついに、世の中もハロウィンだらけになってきました。今から気分をハロウィンが大事です。