キャラメルが好き
バナナが好き
ナッツが好き
好きを全部まとめたら、
キャラメルバナナッツパウンドになりました。
5月スイーツ販売でした。
なんだかんだと地味に販売しております。
毎月楽しみにしている方もいるので、おかげで毎月会うこともできて
お互いのお話もできて、
実は、ワタシが一番楽しみなひとときです。
6月は抹茶チーズ
7月は久しぶりにシフォンにしようと思ってます。
たぶん、さわやかにオレンジシフォンにしようかと考え中です。
ちょっとだけオレンジマリネもつけようかな~とも考えてるので
また、心がきまれば案内します。
7月きっと暑いんだろうけど、
IKUNOシフォンはノドにつまらないので
しっとりいただけると思います。
お楽しみに♪

ホムペの写真がうまく反映されず、ちょっと遅くなりましたが、
金曜は久しぶりのヨンデンプラザ・サンポートでの教室でした。
「おなかのなかからキレイになる」料理教室。
なんのこっちゃって感じですが
豆をつかったおかず教室です。
最近は野菜を積極に取り入れる記事やイベントや教室が多いので
きっとみなさんも普段から野菜を意識して食べていると思いまして、
「豆」に注目しました!
意外と豆・豆製品はとっているものの、いつもの食べなれたおかずでしか
とってない気がするので、豆の栄養たんぱく質、繊維、カルシウム、ビタミンB
などなどを取り入れるべく豆おかずにチャレンジ!
「豆とひじきのごはん」
「豆ワンタン」
「ひたし豆のサラダ」
「豆つくね」
です。
バリエも広がるおかずばかり。
参加していただいた皆様は、ワタシよりも人生のセンパイ主婦方々が多いのですが、
終わったあとは、「いろんな豆の使いかたがわかってよかった」と
おっしゃっていただいき、ひと安心。
人生のセンパイ主婦層になると、人数の多い家族の食卓をきりもりしてきた方が多いはずなので
(ワタシも子どものころは7人家族だった)
ある意味食卓のプロです。
お口にあってよかった。
若い方々には、新鮮な感じでこれからどんどん豆を食べてほしいしね.
2回コースなので6月はミネラルおかずごはん。
夏は冷夏ときいたけど、どうやら北日本は冷夏で西日本は激暑らしいので、、、
夏バテしない、汗で失うミネラルを補うおかずを作る予定です。
そんな、先生業をすました顔して終わった日。
夜は、久しぶりの10年?くらい会ってない熱い仲間たちとの飲み会へ。
月日はすぎても、やはり中身はほぼ?変わらず話できるのが旧友である。
だが、みんな、月日がすぎたことを忘れてしまったのか、
はしゃぎすぎて、、、、
ワタシは次の日全身筋肉痛になってしまった。
いだだだだだー!
なんでや?!
マッサージクッションで背中をごりごりしていると
「あ”~い~だい~~(涙)」
ダミ声がとまらない。
しょせん、無理がきかない年齢なのだ。でも、次の日に筋肉痛になるってことは
まだ大丈夫ってことか~、、と一人で妙なところで感心した。
ふむふむ。
いまのうちに、無理をきかせないと元気な50代をのりきれないのかもね。
よくわからない理屈で自分を元気づける44歳である。

今日は、父の法事でした
23回忌。
早いなー。。
13回忌くらいまでは法事のたびにうすら涙目になることもあったけど
だいぶ泣かないようになりました。
家族の中で一番の理解者が父だったので、思いは深いのです。
今日、お寺さんが話してくれたのは
「思いや過去をくやんだり、引きずらない。くやんだところで過ぎたことは
もどってこないし、元にはもどらんから、気持ちの切り替えが大事。
いつも笑顔でいたら
いつのまにか、悔やんだことも忘れる日がくる。つらいことあっても
いつも笑顔で」
つぎは25回忌。その時は県外にいる甥っ子長男も「俺、行くから」って。
会ったこともないジーサンなのに、いつも仏壇に手を合わせているせいなのか、
じーさん思いなのだ。
さて、
現代はモノにも遊びにも充実していて、最近の子は(失礼)いわゆる苦労とか
ツライとか経験が少ないんだろうか。いやなことがあっても逃げ道がたくさんあるし
気をまぎらわす場所も遊びもたくさんあるから、簡単に気持ちの切り替えが
できるのだろうか。
それはそれでいい時代なのかなー。
ワタシは父が亡くなったのが21歳のときだった。
目の前が真っ暗になったし気持ちをどうしたらいいのかわからず
ほんとに足元が崩れ落ちる音が聞こえたもんだ。
すぐに姉は県外へお嫁にいったし、母は心労で倒れるしで
ほんとにつらかったんだけど、そんなとき祖母が
「いつまでも、悔やむな。死んだもんは帰ってこん!」
って。
祖母にしたら若くて急死した息子を思うと胸を引き裂かれた思いだったろうに、
さすが、戦争経験者は違うんだと思った。
同時に、友人の祖母にも
「次に泣くんは法事のときだけ、あとは、泣いたらいかん、一切忘れるんや」
なんて冷たいことを言うんだろうと、若いワタシにはわからなかったが、
残されたワタシたちは、生きていかにゃいかんので
腹もへるし、仕事はたまる。ってことなのだ。
まさに、過ぎたことはかえってこない。
そして、ワタシたちがいっしょけんめ生き続けているのが何よりの供養なのだ。
そうやって、23年。
今回は、めずらしく姉も仕事を抜け出してきて母とワタシの3人そろっての法事。
しかし、法事が終わると、
しゃべるわ。、食べるわ、うるさいわで、疲れたな。
たしか、むかーし、女3人がうるさすぎて、父に家のブレーカーを落とされて
家中まっくらにされたことがある。
「うるさい!静かにしろ!」
その後、応接間とは別に父専用の部屋がリフォームされた。
あらあら。
なので、うるさい時間も きっと苦笑いしながら父も喜んでいることだろう・・・
しかし、ほんとに母と姉はよくしゃべる。。。

抹茶チーズケーキ

6月のスイーツ販売は抹茶チーズケーキ。
いろいろな抹茶を使って、何度も試作をした結果、、
ふんわり香り広がる抹茶を使用することに決定。
抹茶といえどちょっとした香りや広がりが全然違うので
今回は、ちょっと悩みました。
この抹茶チーズも、桜チーズ同様ベイクドタイプではなく、
蒸し焼き低温焼きなので焦げ目がついていません。
しっとりタイプです。
模様と生地に使っている抹茶は種類がちがうので色の出方も
風味も違います。
でも、そこは微妙な香りなのでわからないかも。。
ことしは梅雨入りは遅いとか、
冷夏とか、
いろいろ情報が流れているけど
新緑を楽しめるこの短い季節に抹茶チーズケーキをおたのしみ下さい。
***~~~~~~~~~~~****
1個250円
4個からご注文承ります。
配達先は、ご相談ください
販売は 6月20日(金)
注文締切は 4日前まで
冷蔵保存で4日
冷凍保存可です。
お問い合わせはメールにて。

運動会バザーが終わって、翌日夜にぐったりしてしまった。
筋肉痛は、かろうじて次の日にくるけど、ついに疲れも忘れたころにやってくるんだ。
友だちに言うと、
「それは、年ね」
と、あっさり。
とにかく、寝る。そして、水分とビタミンをしっかりとる。
ストレッチを十分すぎるほどして、そしてまた寝る。
これで回復。
はー、、めんどくさい年齢になったもんだ。
今日、月曜はこまごまと普段できないことをして、
電話したり、銀行いったり母の買い物につきあったりと。
すると、夜に甥っ子次男から、
「夜、ひまー?」
近くのドラッグストアに黒染めを買いにいくついでに
ウチのパソコンで楽天買い物をするらしい。
で、。なぜ?黒髪に?
証明写真を撮るのにしばらく茶髪から黒髪にもどしたいから。
そう。
そして、2人でドラッグストアで買い物をしてると後ろからかわいい女の子と
お母さんが歩いてて、
「キョロキョロしてるとお姉さんにぶつかるわよー」とお母さん。
(お姉さんとは、ワタシのことか?)
すると、
どん!
あら。。
予定どおり、ワタシにぶつかってしまった。ふりかえるとものっそかわいい女の子で
「おねえしゃん、ぶつかって、ごめんなしゃい。」
ですってー!
子どもタレントの星羅ばりにかわいい子でしかもちょっと舌たらず口調で、
かわいいったらありゃしない!
「大丈夫よ。気を付けてね♪」
ひゃー、、、かわいいー。。。なんてかわいいの。。
黒目がちなかわいいお目目で、あんな風に言われたら誰でも許してしまうわ。
いい夜だったなー。
さて、ここでちょっとした問題が。
以前にも友達と話をしたことあるが、他人に対して自分のことを「おばちゃん」「おねえさん」と
呼び名がかわるときは、いつであろーか。
友人いわく子どもを産んだら「おばちゃん」になるらしいが、そんなことは世間の人からはワカラナイ。
かといって40もなかばをすぎて、自分を「おねえちゃん」と呼ぶのもなんだかなー。
しかし、わたしは、どこにいっても、小さな子供にも「おねえさん」と意識付けさせている。
スーパーにいっても、「そこのおねえさん!」のかけ声に一番にふりむくのは、ワタシだ。
そのことによって、一番自分に意識づけさせているのだ。
おそるべし自己暗示。
体力はすっかり中年だけどね。
今日もなんとか本日中に寝たい。。