遅くなったけど、いつもの誕生日お祝いケーキをいただきました。
最近恒例となっているくす玉を、かけ声とともに
パーンとひもをひくと、
中から、どひゃー!とでてきました。
毎回何が入っているかわからないくす玉です。
市販品でかなりもりあがる!おすすめです。
今年は、
笑い袋に、百万円のお札、ハートのハッポー
毛糸のミニボールにミニシュークリームのチャームがでてきて、
来年は、、、
笑いとお金のハッビーな1年になりそうだねと、言われ
くす玉占い?でした。
毎日のように、ケーキや試食を食べていたけど、、
やっぱりまだまだ飽きずに食べれるみたい。
自分の胃袋に感謝です。
来年もたくさん食べれますように♪

今年最後の教室は日新コミュニティセンター講座の
子どもお菓子教室でした。
スポンジ生地とフルーツをつかって丸いフルーツドームケーキ。
クリスマスは三角にしてツリーにできます。
春に作るとお花見ドーム?になります。
これからイチゴの季節が終わるまで何度も楽しめるスイーツです。

皆がつくったそれぞれのドーム。
子どもたちでも作れるように簡単な材料でしたが
お食事ナイフを使ってスポンジやフルーツをきれいにカットしてくれました。
とにかく無事に終わったことが何よりです。。
試食もおわって片付け中に子供たちとお話。
「冬休みいつまで?」
「9日まで」
えええ!そんなに?
わたしは甥っ子たちが野球をしていたので冬休みも早々と野球練習や
部活にいっていたから、びっちり長く家にいた記憶がない。
高校生になると29まで部活、4日から部活で一緒にでかけることはまず無い。
長いと思う冬休みでも子供たちにとってはあっという間。
そして、母にとっては長い長い毎日。
そして、無事に終わって、帰ろうとしたら甥っ子三男から着信が。折り返すと
「家の鍵わすれたから、母さんのとこいって鍵もらってきて。」
ちゃっかり運よく仕事が休みだったワタシの母のところへきていたらしく
「雨で靴下も靴もびっしょぬれだから自転車のりたくない」
そうよね。と甘い私は急いで姉の職場へ鍵をとりにく(接客業なので直接会いにいける)
「ねーちゃん、かわいいご子息がカギを忘れて家に入れないそうなの。
鍵、おくれ」
「は?」一気に眉間にしわを寄せる姉。しかし、職場なので怒りをあらわにすることはできない。
(なんで、鍵をあんたが?あの子、いまどこ?)
(いま、あたしんち。びしょぬれなんだって)
(は?なんで鍵もってないん。あたし忙しいんだけど)
(まーまー、いいじゃないの。鍵おくれ)
眉間にしわお寄せたまま姉がカギをとりにいってくれた。
家に帰ると三男はソファで爆睡。
県外から帰ってきた長男と夜中までゲームをして、2時に寝て4時に起きたそうで。
そりゃ、鍵忘れるよね。と100%味方の私。
そして、夜は塾の迎えに行き、姉の負担をねぎらう。
子ども教室に兄弟、姉妹が仲良く参加していたけど
大人になっても仲良くして、協力しあえる関係でありますように。。

さて、
クリスマスが終わると一気に片付けと
お正月の準備です。
26日はクリスマス資材、家のなかの片付けと
ちょっとした大掃除、、大片付けになります。。
クリスマス期間中は神経が過敏になっているので
細かいことが気になり、そのまま片付けから掃除になります。
そして、いろいろなものがやたら目について
毎年年末はへやの模様替えに。。。
ちょっとしたものを動かすだけなので30分くらいで終わるんだけど
冬用に自分の部屋を模様替えに。でも模様替えをすると
いつも、前あった場所にものをとりに行こうとして
自分の部屋なのに迷い子になってしまうという、ちょっとしたボケ状態に。
友人から、以前、
「高齢になってから模様替えとかしないほうがいいみたい。
習慣的になっていた物の位置がかわるから、それがストレスになって
ウツになったり痴呆がすすむみたいよ」
そんなバカなと思っていたことが、最近、わかるようになってきた自分が
ちょっとこわい。
それにしても片付けが子どものころから大嫌いで
散らかすのは大好き、元にもどすのが苦手というわたしが
こんな片付けを必要とする細かい仕事についてしまい、、
最初はそれがストレスになったものです。いつもキチンと片付けをする
姉と比べられて、母に怒られる始末。まるでちびまるこ状態です。
いえ、母じゃなくて、姉に一番よく怒られてた。。
でも、大人になって自分が右脳派ということが分かり、
右脳はカテゴリー片付けでないと無理ということが分かって、
とても片付けが気軽にできるようになりました。
言い訳です。
今でも、ときどき家の鍵をなくします。でも、その日のうちにでてくるけど。
クリスマスもカテゴリー片付けが終わり、また来年。
今日のうちにお正月飾りの準備をして、
明日は今年最後の子供お菓子教室です。
元気な笑顔にたくさん会えますように。。。

クリスマス終了

今年も無事に終わりました。
クリスマスケーキ2016
今年もご注文いただいた皆様、ありがとうございました。
毎年、信用買いしてくださる顧客の皆さまの気持を
裏切らないように作らせていただきました。
一年に一度つくるデコレーションケーキはクリスマスだけ。
ご縁があってお渡しできる方すべての人にシアワセと笑顔が
いつまでも続きますように。
「おいしかった」ただ、この一言だけで聞くことができれば幸いです
また、来年。
同じ笑顔にたくさん会えますように。

夕方、甥っ子長男が県外から帰ってきました!
クリスマスケーキの残りをもっていくという名目で
姉んちに行こうとしたら
「今、兄弟で温泉いってる」
また?
長男は温泉好きで、いつも帰ってきたら何度か温泉にい。、
なぜ、こんなにハマっているんだろう。。。
わたしも好きだけど、、、、
何時に帰るかわからないというので、家で待っているか
姉の家で待つか、悩んでいたころ、、
「こんばんわー」
温泉帰りにうちへ寄ってくれました。
「じーちゃんに挨拶しに来ただけだから。」とお仏壇に手を合わす。
とにかく香川に帰ったら一番にじーちゃん、帰る際にじーちゃんに挨拶を
すると決めているらしい。
じーちゃんとは、私の父である。
待っていたかいがあるというか、甥っ子の時間とワタシの時間は
ぴったり合うことが多い。
ケーキをもたせて、はい、さよならー。
長男大好きな三男は、見たことないような笑顔でるんるんだった。
そんなうれしそうな笑顔、ひさしく見てないんですけど。。。
長男が帰ってくるとベタベタにひっつく三男は、
今年、年末に長男と一緒に下宿先へ行き、3日まで過ごす。
そこに、姉もついていく。
いいなー。。
でも下宿先に4人も泊まれないので、、
見送り隊です。次に行くときは春の卒業式です。
月日は早いです。