今日はヨンデンプラザ高松で「ひなケーキ」教室。
パッケージプラザ坂出でかわいい紙型を見つけたので
一人一台ずつ仕上げます。

イチゴクリームでコーティング中~
一人ずつ仕上げるので、真剣勝負です。
ときどき他の人の仕上げを参考にして、
どきどきのデコです。

かわいく絞れました♪

飾りをのっけて完成で~す

デコーレーションケーキは材料が同じでも、人の数だけ出来上がりが違います。
絞り方や、オーナメントの飾り方で世界にひとつのオリジナルの完成。
だから手作りおやつは楽しい~
他の人の完成をみんなで見てまわり、
「これかわい~ね~」「こんな置き方いいわね~」
ほんとに作品発表会です。むふふ。

最後は試食じかん。
シフォンとイチゴクリームでいただきます。
イチゴはこれからどんどんおいしくなるので、
今日作ったイチゴクリームはイチゴが終わるまで
しっかり楽しんでほし~な~♪と思います。
イチゴの粉末を使えば、そりゃ簡単にイチゴクリームはできるけど、
やはり、フレッシュで作る、家でも作れるってことを
伝えていきたいと思うワタクシです。。
夕方終わって、
姉のおつかいで高松商店街に来ている甥っ子長男と一緒に帰ろうと
思ってたら、もう家に帰ったというので、あらら・・・と思ったら
「バナナジュース飲みたいからバナナと牛乳買ってきて」
・・・ということは、ウチんくにいるのね。そうね、今日はウチの母がいる日だからね。
うちのバーサン(母)は孫と仲がいいのだ。
バナナね。バナナ。イチゴ三昧だったあとに、バナナ。
家に帰ってバナナジュースを作り、キッチンで3人が立ち飲み。キッチンドランカーです。。。
片付けしてだらだらしてると、今度は三男が自転車で到着。
も~ そんなに集まらなくてもいいよ~ 
姉も、「テキトーに帰ってきて」っていうし、テキトーって何?
最近、
甥っ子密度が高すぎる気がする。。

雛ケーキ

ひなケーキです。
いちごのピンククリームで仕上げます♪
最近、イチゴ粉末で簡単にピンククリームが作れるけど、
やっぱり、フレッシュで作れる季節には
イチゴをふんだんに使いたいもんです。
このクリームでイチゴモンブランも作るので
一度作れるようになると、バリエが広がります。
イチゴは5月くらいまで楽しめるので
ぜひ! 作り方を覚えてほしいです~
ホットケーキに添えたり、トーストにトッピングしたり、
アイスに添えてイチゴパフェも簡単にできます★
う~ん!考えるだけで 楽しそう~ニタニタしてしまう。
春はいーですな。
さて、
こないだからよく作るわんちゃん用と称した
「キャロブパウンド」
すっかり ウチのおやつ定番化となってしまい。。。
甥っ子に、ウチの母にと、、人気です・・・
薄く切って カリカリにトーストして、
今なら自家製八朔ジャムをつけて食べると・・・
讃岐弁 わやウマです
ま、、カロリーも低いからね・・・
わんこスイーツやご飯は、若干、糖尿病食や腎臓病食に似たトコがあります。
だから、ワタシたちが食べても十分にOkなものが多い。
キャロブパウンドを まさかの料理教室のデザートになる日も
近いかも・・・

わんこお菓子教室

これは・・
一見普通のスイーツのように見えますが、、
「わんこスイーツ」です★
おいしそうです~
キャロブパウンドとイモモンブランです。
モンブランは悪戦苦闘してしまい急遽、いもクリームをデコってみました。
ふーむ。新しい・・・・
トラブルの先に新しいアイデアが生まれるのが教室のいいところです。
いつものお菓子教室とは雰囲気が違って
何かと新しい発見がありました★ふむふむです。
キャロブはいなご豆の粉末でココアと似た風味が出ます。
最近は、市場のパンやお菓子にも使われているので
耳にしたこともあるのでは?
キャロブパウンドは砂糖不使用なので 
朝ごパン代わりにオーナーさまもご一緒にいただけます。
やっぱり、
「ジョリィと僕とで半分こ」が基本です。
わんこと一緒に食べたいです。
ワタシは今、わんこは飼ってないけど、
(というか最後のコが壮絶な姿で亡くなったので もう次のコが飼えない・・)
42年の人生のうち35年は犬と暮らした毎日です。
2・3匹一緒に飼ったこともあるし、
ニワトリもいたし、納屋ではこっそりネコも飼っていた(これはめっさ怒られたけど)
まるで、映画ベイブのようだけど・・・
最後のワンコは、いつも一緒でした~
外犬だったけど、夏の暑い日は、クーラーの部屋にこっそり入れてあげたり、
アイスもお菓子も一緒に食べたり、
ワタシが廊下で体育すわりをしていると、自分の顔をちょこんとワタシの膝にのせて
「頭なでなでしてよ」と言ってきたり、
手をぶらぶらしてると、自分からワタシの手のひらに頭をおしつけてくるという
とってもなでなでが大好きな子でした。かわい~な~・・
でも、12年間一緒にいたので、あんまり話すと今でもうるうるしてしまう。
なので、ワンコのことは あまり話せない。。。。
ワタシは昔はなんにも知らずに味噌汁をあげたりチョコを一緒に食べたり
ピザも一緒に食べた記憶が・・・
それでも、昔はドッグフードもそんなになかったし、ワタシたちのご飯も
地味な日本食だった。うちは 祖母がワンコのご飯を作っていたので、
知識はなかったはずなのに、蒸した野菜や、ご飯に、肉、野菜を
まぜまぜしていつもあげていた。
自分たちのご飯が薄味で野菜中心だったので、わんこも薄味ヘルシーご飯だった。
ワタシのおやつも、全く味がないホットケーキで、それをワンコはそのまま食べて
ワタシはハチミツをつけて食べたもんです。
いま思うと ばーちゃんすごい。。
「一緒にたべるシアワセ」のテーマを地でいってます。
そんな血を受け継ぐワタシだもの。
人もペットもおいしいシアワセを紡いでいこうと思ってます。

晩ご飯

里芋団子です。
たくさん里芋をもらったままだったので、
久しぶりに団子にしました。
困ったときは、団子にするにかぎるです。
まず、
里芋は川ごとレンジで表4分、裏4~5分チンして
粗熱をとって皮をとる。ツルツルむけます。
マッシュして、熱いうちに薄力粉をませませして固めればOK。
めんどくさいときは、このまま生地を薄めの小判型にして両面焼いて、しょうゆ、みりん同量で照り焼きにするだけ。ちょっと多めの調味料でしっかり味をつけると美味です。
里芋が無味なので・・・
食べるときにノリ、ネギ、ほうれん草などのっけていただくとウマいです。
時間があれば、里芋生地に、ネギをいれたり、塩、こしょう、ショウガすりおろし、コーン、桜海老を入れるとよいです。
ちなみに、里芋カレーを作るようになってから、里芋だけを素揚げして、塩こしょう食べる習慣がふえました♪ チン!した里芋を厚く輪切りにしてこんがり揚げるだけ。
おかげで里芋はすっかり使い果たしてしまい・・
うれしいような、やっぱりもうちょっとほしいなと思ったり・・