チーズパウンドケーキ

今月納品のおやつは、チーズパウンドケーキでした。ほんのりチーズ塩気のあるパウンドケーキ。暑いときは、暑さ疲れでアイスやお菓子でなくちょっと濃いめなケーキがほしくなります。そこへ熱いコーヒーを流しこむ。エアコンの涼しげ部屋でほっとひと息。

夏のパウンドケーキは冷やしてよし、ちょいあっためても、よし。がおすすめです。冷やしてパウンドケーキは、あったかいコーヒーで、ちょいあっためてはアイスコーヒーで。

マフィン型。ひとりぶんでちょうどいいサイズ。

夕方の配達締めはぱんだコーヒーさんへ。チーズパウンドマフィンを納品してきました。わたし的にはグァテマラがよく合います。試飲は季節ブレンド「小夏」。

グァテマラ買って、帰宅してすぐにチーズパウンドケーキ検食&ぱんだコーヒーで。ちょい塩気パウンドケーキがコーヒーに吸い込まれるように馴染んでいい感じ。夜配達前の、いい時間です。

でんや万菜市場へランチ

先週、母とご近所年上友達と丸亀の「でんや」さんへランチ。年上友達といっても今年81歳、昔コーヒー屋さんで働いていたときの先輩で今でも仲良し。ご近所で同級生の母親で(同級生は男子で東京で私とは全く交流もない)共通の話題や悩みもあり、食の好みが似ている。仕事の相談もできるのでとても大切な存在。母とはそういった話はできないので、色々相談できるうんと年上の友達は大切だ。自分が想像できない70や80歳になったときの心身の準備を今から理解できる話もしてくれる。

行きたいときに、やりたいときに、食べたいときに、全部やっといたらいい。

80歳二人から聞いたことである。いつか行こう、いつかやろうと思っていても、老後はあちこち行って楽しむつもり、と思っていても、実際その年齢になったとき自分がどれだけ健康か分からない。足腰の強さもいつまでも元気ではない。思うようにスタスタ歩けない。食もいまほど何でも食べれなくなるし好みも変わる。行こうと思っていても高齢者独特の突然きまぐれに全部面倒くさいとなり予定をキャンセルしたり。これは私も理解できなかったけど、出かける用事や旅行にいく予定も直前になったりすると、だんだん面倒になってきたらやめようかしらと母が言い出す。最初はとまどったが、近ごろでは私は聞こえないふりして、何時に出る、あと1時間で出る、あと30分で出ます。と出かけることを促すようにしている。若いときは出かけることが楽しみで何の億劫もなかったけど高齢になると、もういいや、となるようだ。不思議だ。。。

これは、若い時から出かけるのが大好きな母や、ご近所友達の意見なので人それぞれだと思うけど、80過ぎてもあちこち出かけることがあるなんて、他の人から見たら元気そのものかもしれないけど。。

一日10食限定のでんや定食と私はお目当ての海鮮漬け丼。

前回、多いかなと思ったんだけど今回は軽く完食。おいしかった。

毎回、でんや定食にしようかと思うのに日替わりにしてしまう。インスタグラムをしているので、でんや日替わり定食の確認は毎日できます。丸亀の青果市場内にある「でんや」さん。お店はどこだ?と探さなくても丸亀青果市場に堂々と車で入っていけばテナントにあります。駐車場は市場だけあって心配なく数はある。11月からは牡蠣の季節で今年からは毎月志度へランチに行こうと思っている。西のお出かけランチは「でんや」にしようかと思っている。これは母とご近所友達の気晴らし老化防止ランチツアーである。82歳と81歳と52歳。

ブルーベリーとヨーグルトのケーキ

今月はブルーベリーとヨーグルトのケーキ。そろそろヨーグルト、ブルーベリーにも飽きてきたころです。ずいぶん楽しみました。ヨーグルトが入るとモチモチしたふんわり食感になります。さらにブルーベリーの酸味もあるのでさわやかな味わいです。ですが、もうそろそろ暑くなってくるとモチモチ食感は口のなかで重い印象になるので、飽きがくるということです。


見えにくいけど、薄紫のブルーベリーカラーのお花でラッピング。さわやかです。

いよいよ本格的に暑くなるのでお菓子販売や自宅教室はお休みです。その間は、そろそろハロウィンスイーツやクリスマスケーキの内容を絞り込んだり、バレンタインもうっすら候補を集めたり。試作をしたり試食をしたりと地味な家活動の八月です。

さて、ほんとに暑くなってきて、今までは予行演習だったのか?!と思うほど。まだ8月はこれからですもんね。。。ついにアイスの備蓄を始めました。いまは高知のアイスクリンと神戸のシューアイス。いよいよ毎日アイスの夏。そして、外では夏の虫たちが大賑わい。昼から夕方は庭でずっとキリギリスが鳴いています。鳴いているわけではないけど。。子供のころからずっと聞いている、ギー・・・ギー・・・田舎ならではの天然合唱団に夏を感じ、幼少時代ののんびりした思い出が重なりとても落ち着きます。やがてスズムシや秋の虫たちになり大合唱になるころまでずっと庭を楽しめるので、緑ある生活に感謝です。友達の孫は都会で生まれ育ったので、たまに香川へ泊りやってくると、セミの抜け殻に悲鳴をあげ、小さい小さいカエルにも悲鳴を上げ、クモの巣、クモに大声の悲鳴をあげ、バッタや小さい虫にもいちいち悲鳴をあげるので「庭の手伝いや納戸の片付けの手伝いにもならん」とあきれていました。都会の子は虫を見たこともないらしい。なんと。。見なくても必要ではないけど、庭のミントを見に行くだけでも我が家は小さいバッタかキリギリスがぴょんぴょん跳ねているが、これも悲鳴があがるんだろうなと、、、ミントをむしり取る私である。

竹炭パウダーで。

あるきっかけで竹炭パウダーで色々作ってみようと思い考えています。そういえば、昔セレブ発信で炭を食べるとか炭ダイエットが流行ったけど、炭を食べるなんて、、、と冷ややかに思っていた。でも、玄関に竹炭を置いてインテリア兼消臭している我が家です。それで改めて調べてみると、、

↓公式サイトから引用↓

活性炭を毎日使っていると、徐々に体内の毒素や脂質が排泄されるようになります。 これらの不要なものが排泄されるようになると、体内の循環を良くして代謝を高めたり、食べ物から取り入れた余分な脂質を排出する働きが期待できるんだとか。 毎日継続的に取り入れればカラダの内面からきれいになれるので、きれいな肌を目指す働きも期待できそうです。

ただ、取りすぎは禁物。そして超微粉なので素材の邪魔にならず全くきになりません。コーヒーにいれても、OK。ココアやチョコでは出ないブラック感があるので、これからの季節ハロウィンにはぴったり。ひとまずかんたんおやつを作って見ました

炭だんご。ショウガシロップがけ。驚きの黒さです。

竹炭パンを作るのは手間なのでプレーンバケットでフレンチトースト卵液に竹炭を入れてみました。ココアとは違って真っ黒に焼き焦げたように見えるけど。。お肉かと思いました(笑)味はほんとのフレンチトーストです。

少量で色づくので一度購入すれば長持ちします。習慣にするといいかもですね。

カフェ監修

去年からご縁があってカフェオープンのお手伝いをしています。これまでの経験や知識、わたしの食への貪欲さと食べ歩きがお役に立てる仕事です。監修という表現は少し大げさかもしれませんが、、、メニュー提案、アイデアなどなどを提供しています。

昔、カフェ厨房で働いていたときは皆で新メニューを考えて、少しずつ配合を変えた新製品を食べ比べし、飲み比べをして最後はお腹いっぱいで全員無言、無表情。今日は、もう無理です。。。次回繰り越し、という体を張った仕事をしていました。懐かしい。

試作品は食べ過ぎて見るのも嫌になったりするけど、全員意見一致で完成した時は、手を取り合って喜びました。そして再びもりもり、食べる(笑)結局、みんな食べることや作ることが好きなので大変でもがんばりきれます。

飲食は毎日変化の繰り返し。だからこそ、つまらなくならないし、お客様との出会いも楽しく、自分たちの大変さも仲間たち、そして一杯の珈琲休憩でがんばれます。毎日が部活みたいな感じ。

そんなこんなで20年続けてしまった食べることの仕事。何かしらの役に立てる仕事につながるといいなと思っています。

写真は全く関係のない写真です・・