マーマレードシーズン

先日、八朔を作っている農家の友達から初回の八朔。たくさん収穫するのが大変だから少しだけどよかったら、、と。毎回この3~4倍ほど定期的におすそわけしてくれる。そしてマーマレード作り本格シーズン入り。12月のゆずマーマレードを作り、在庫冷凍ストックがなくなるころに八朔が届く。ゆずマーマレードは作る期間が短く12,1月のみ。そして八朔シーズンがはじまると甘夏が出るころまで八朔マーマレード作りが続く。大人用に八朔の苦みをとらずそのまま煮込む。この独特な苦みがおいしいと感じる幸せ。ゆずマーマレードから八朔に切りかえてすぐは、甘いゆず味から、八朔の苦みに対応できず何だかな、、と思うけど、味覚の切り替えが終わると八朔にどっぷりハマる。ロシアンティのようにマーマレードを紅茶に入れてもいいし、春先にサラダドレッシングを作るとき、柑橘マーマレードを加えるとさわやかな味わいで春サラダによく合う。子供の頃、鶏肉をマーマレード漬けにして焼いてくれた記憶もあるな。。。朝食はチーズトーストにさらにマーマレードのせにして食べるのもお気にり。朝は、多少のカロリーオーバーになってもいいことにしている(笑)  

そして、このマーマレード作りにかかせないのがフードカッターである。昔は全部手切りでしていたが毎回何キロも皮を細切りにすることに年齢とともに疲れてしまい、、、見た目不ぞろいでもフードカッターで良しとしよう!と決めた。そこで。 フードカッター、フードプロセッサー、ハンディフードカッターもろもろの個人比のデータを。

まず、日本製は本体が軽く、容器が重い(ガラス製)外国製は本体が重く、ワークボールはプラなど軽い。なので、素材が入ったときの総量を考えると外国製がプラで軽いし洗いやすい。我が家のクイジナートは大きめだが、値段の違いは刃と動きの違いである。クイジナートはキュイジーヌをもとに作られているので料理に最適な素材水分が最小限になるように刃が設計されているのでカットしたあと素材が軽い。全体にムラなく回転するように上下素材を回転させるので結果カットが早い。日本製はスピードと勢いの強さでカットするように感じるので素材の大きさにムラがでるし水分も出やすく繊維もつぶれやすい。素材に刃を入れるとき丁寧にいれることで味は変わる。千切りキャベツのスライサーと丁寧に包

が、、、年をとると手の力が入りにくくなるので、、本体の重さをとるか、ワークボールの重さをとるか、、、ここが重要な問題になるのかも?と思う。そして、ハンディタイプ。これは、私も随分悩んだけど、、、家族のなかで子供がまだ小さく、食事においてペーストスープや離乳食を作るにはとっても便利、お鍋やボウルのなかで簡単に素材をつぶせるので簡単で便利。だが、大人家族になると量が増えるのでハンディなぞでやってる暇はない。そしてハンディをミニワークボールに合体するとフードカッターになり便利だが作業中ハンディのスイッチを押したまま自分は動けないし、ミニなので大量生産には向いていない、そしてハンディがメインなのでフードカッターにするにはパワーが弱い。フードカッターとして使用するときはワークボールにセット、さらにハンディをセットと2段階セッテッングにより手間が二倍。結果、ハンディは小さいお子様食事、一人暮らし向き、見た目コンパクトでかわいい、少しペーストを作りたいなどに向いているかな。ということで、我が家にはクイジナートフープロ、日本製フードカッター、ハンディタイプ大、小の4個ある(笑)。いろいろ使い分けた結果の個人趣向だけど。。家族が少なくなり大人だけの生活になると、、、、作る量が少ないので機械ものはほぼ使わなくなり手動で切る、下ろす、練るという日々に。。でもマーマレード作りやお菓子作りには活躍するのでどれも、時々活躍します。お道具があると手作りのきっかけにもなるので、色々研究して大小そろえるとキッチン仕事も楽しくなります。おうち時間が長くなってきたのでキッチン家電も売れに売れているとか!こういうときにすぐれた新製品が出ると思うので、今や買い時かも。。

マーマレード500グラムを作るときは合体ハンディフードカッターで。1キロ以上はクイジナートが登場する。
このハンディは昔、友達からいただいたもので、彼女も張り切って買ったものの活躍させることができず、、、我が家にやってきた。きっとこの家なら重宝するに違いないと判断したらしい(笑)おかげで活躍しております。

小豆しふぉん

一月のお菓子教室はゆであずきをつかった和しふぉん。蒸しケーキのようなしっとり感があるので、ほっこり落ちつきます。

小豆はもちろん山清のゆであずき。一度食べるとおいしい意味が分かる味なのでぜひ、おすすめです。

焼き立てを試食。しふぉんの焼き立てを食べることは柔らかすぎて難しいけど、ほわほわでおいしい。カットは大変ですが冬のあったかスイーツです。
今回のおともは蕎麦茶。長野へ転勤になった知人のお土産。あっさり香ばしくおいしい。一緒にお焼きや、ジャムをいただいて長野っておいしいものが洩りだくさん。うらやましい~。蕎麦茶は個人的に好きなので昔、杉亭までわざわざ買いにいってたけど、まだあるのだろうか。。

さて、今回はめずらしく高校時代の話となり、私は時代が昭和だったのでヤンキーとととに青春をすごしたかな。。と話するとピンとこなかったらしく、ドラマ「今日から俺は!」の田舎版てかんじかな。と説明したら

「え!あれって現実社会の話なんですか!?作り話かと思ってた」

ええ?!あれはほぼ実話ですけど。。かなり驚いていました(笑)スカート長かったんですか?!て聞かれたけど、あそこまで長くないけど長いスカートがふつうだったから。。とかなりの時代的ギャップ。わたしの学生時代は、もはや作り話になるほど過去データなのか。。。でも楽しそうに聞いてくれてよかった。もちろん髪型は聖子ちゃんカットです。

話しはかわり、

来月はバレンタインスイーツです。バレンタインは過去も現在も変わりません~

スイーツ販売とロウバイ

めずらしく週初めにスイーツ販売でした。きなこと黒豆のキャラメルパウンドでしたが、寒い日が続くときに仕込み、販売も寒い日だったのでバターを使ったケーキは冷えるとかちかちに。。動物性のスイーツは環境の変化によって状態がかわりやすいです。冬のバターケーキはレンジで少しあたためるとほくほくになるし、あったかスイーツとして身も心もぬくぬくにしてくれます。去年はここまで寒くなかったのでそんなに固くならなかったんだけど。寒さに応じてスイーツ対応をしてあげてください。

さて、販売の日はあちこち移動します。車をとめて待ち合わせ場所まで歩いたり、コンビニ駐車場で待ち合わせしたり、会社や病院の受付、お店の駐車場すみっこなどなど。そんなか、「!何かいいにおいがする。いいにおいがする!」キョロキョロすると「ロウバイ!」そっか、そんな季節か。。寒い季節、雪のなかでも花をさかせる冬の花、ロウバイ。いち早く春を待ち望む兆しのお花。澄み切った冬の青空によく似あう黄色は寒さでちっさくなっていた気持ちに元気をくれます。そしてなんとも強い香りにとってもいい気分になるのがロウバイのいいところ。鼻いっぱいにロウバイを嗅ぎます(笑)

元気の黄色

ロウバイに続いて次々と梅が咲き誇る季節になりました。そっか、そうなんだ、もう二月だもんねと気づく。コロナ情報でいろいろ気をつけなきゃ、いつになったら落ち着くのか、マスク慣れしてお顔の手入れなぞせずに過ごしてて、ある日証明写真を撮ったらびっくりするくらいおじさん顔になってたしな、、と下を向いてばかりいたら、、、自然界ではちゃんと春の準備してる。今年は梅、見に行きたいな。

ヒートテックと裏起毛

ここ数年ヒートテックが当たり前の冷え対策になっているが、同時に裏起毛シリーズも多い。たぶん、7,8年前ごろ裏起毛シリーズが増えてきてインナーやタイツなどアイテムが増えてきたけど、当時の私は同じ冷え性仲間の友達と「裏起毛とヒートテックはどっちがいいの?違いは何?ほんとにあったかいの?」と冷え対策会議?をよくした。スポーツをしている友達はヒートテック派で洋服もすっきり着こなしている。母は当時百貨店で働いていたので職場は常に暑いくらいあったかいのでヒートテック必要なし。ババシャツ育ちの昭和の子供には画期的すぎて判断がにぶる。ここは、若い世代に聞こう!と思いお菓子納品先の仲良し若い(当時大学生)スタッフに聞いてみた。「裏起毛タイツってなに?」「私はいてますよ!いま!」というのでさわらせてもらった(笑)デニール値も普通のタイツと全く違うので子供のころピアノ発表会ではいていた分厚いタイツかと思いきや、「ちょっと厚みがあるけどめっちゃあったかいですよ!ブーツはいたら最強です!おすすめですよ!」というのでお安いものから買ってみると「あったかい。。」ずっとあったかい。いつもあったかい。そして裏起毛が気に入ってインナーや靴下などを買い集めたが裏起毛シリーズインナーは少々厚みがあるので、セーターにインするのにはもたつき、洋服によってヒートテックインナーを着る。さらにヒートテックブーツというのを買って足元からぬくぬく。しかし、ある時気付いたのは「動かないとヒートテックは寒い。」イベントで出店しているとき、搬入搬出は動いているのでヒートテックで冷え対策できていたが、イベントが始まりブースで立ちんぼ状態になると「寒い。。」ヒートテックブーツも搬入のときは動いているのでぬくぬくだったのに、立ちんぼが始まってからは「足元冷たすぎる。。」動かないと皮膚からの水分蒸発も少ないので熱に切り替えられないのか。。反省して冬の外仕事のときは裏起毛で活動。「あったかい。。」動かない仕事は裏起毛、体を動かす仕事はヒートテック。この使いわけに気づいたのはここ2,3年である。。専業主婦の冷え性友達から「ヒートテックってあったかい?良さが全然わからないんだけど。。」と聞かれたことがあったので「家でほぼ動かないときは裏起毛がいいよ」と。おそらく筋肉量が人並みにある人は代謝もいいし常にヒートテックでいいと思うが、私みたいに筋肉量が少なく家で動かないときはヒートテックを着ても さほど温かさを感じない。ま、あったかいかな、程度だ。

ここ数年でやっと解決した満足の結果である(笑)冷え性には確実にあったかいことがとても大事。命とりになるので。

そして、先日ぱんだコーヒーさんへコーヒー豆を買いに。ついに!バレンタインブレンド「恋文」が発売に。グァテマラベースブレンドなので甘みとコクがありお菓子によく合う。チョコスイーツとはバツグンの組み合わせコーヒーなので冬にはぜひ、おすすめである。そう思うとすぐに節分、そしてバレンタインがやってくる。今年はバレンタイン教室開催せず、ウキウキ感は少ないけど、毎月のスイーツ販売はバレンタイン前にしようかと。

昨日の夜、姉から節分巻の購入案内チラシがラインで送られてきた。友達がお寿司やさんで働いている。今までは作っていたけど知り合いがお寿司屋さんで働いているので購入に協力。そうか、まずは節分をすませないとね。バレンタインはそのあとです。

ペイペイキャンペーン

高松市ペイペイキャンペーンがはじまった。今回は期間も長くキャッシュバックも大きい。前回はそんなに買うものがなかったのと、あっというまに終わってしまったが、今回はさっそく利用している。年上の知人から「ガソリンが確実にお得」と聞いたので対象店でガソリンを入れに。プリカを買おうとしたがペイペイの案内もなく上に下に右へ左とキョロキョロしていたら「ペイペイですか?!!」と走って飛んできた「あ、はい、ペイペイです」暗号のようだ。。。そしてすぐにキャッシュバック予定金額が表示され、「おお~♪」と声に出さず一人ニヤニヤ。毎回思うけどほんとに戻ってる(笑)そしてこれに火がついたのか、そのままコープでちょこっと買いものしてペイペイバック。イオン高松内の店舗も対象店があるので、靴とメガ帆の下見をして、帰りにサンマルクでお土産のおやつを買い(サンマルクも対象店)ふっふっふとニヤニヤがとまらないが、結局余計な買い物までしてすっかりキャンペーンに踊らされている私である。去年のユニクロペイペイキャンペーンの時も対象ヒートテックを二枚買って一枚分キャッシュバックを受け、余分に買った一枚はまだ開封していないというキャンペーンにのっかりすぎのいいお客様である。今回は2月までの長い期間なので上限を確認しながら確実に利用したい、もはやゲーム感覚である。今日一日で2000円ほどバックされたので、残り6000円バックを目指してキャンペーンに勝つ!(笑)

おぜんざい。

鏡開きのおぜんざい。このためにお正月から小豆を用意して、鏡餅も買っている。というと年神様に怒られそうだけど、、、鏡餅は三種の神器を表現しています。新しい年を迎える大切な行事のひとつ。わざわざ手間暇かけて用意することに尊さがあります。面倒なことに時間をかけることに人の真心がこもるのでお正月の準備は大切なのです。そして楽しみなおぜんざいも大切な行事の一つ。

さて、この連休にスマホの写真をカテゴリー別にしっかり分けようと思って整理していたら「すごい。。ほとんど食べ物の写真と甥っ子だ。。」いつ宣材写真が必要になるかわからないのでとにかく写真は撮るけど見事である。お花の仕事をしているともだちはお花の写真と孫の写真が多くて素敵なんだけど。。数年前、高知のいとこにも「あんた!ちょっとまって、食べ物しかうつっちょらんが~(笑)」

慈しむ対象があると精神が落ち着き心の免疫となり気持ちがリセットされるそうで。テレビで誰かが言っていました。私は食がらみが心の免疫のようです。。いいんだろうか。。。