バレンタインスイーツとバレンタインブレンド

毎年、バレンタインスイーツは販売しないけど、ぱんだコーヒーさんと話の流れで1月のスイーツ販売はバレンタインスイーツ。ラズベリーブラウニー。ラズベリーの酸味とチョコのコク、色合い、とってもいい相性です。ブラウニー生地にラズベリーを加え、マーブルラズベリーはチーズ味。
ぱんだコーヒーさんへ配達。スイーツ販売の今日は色んなところへ配達へいき、皆、私に色々話をしてくれるので月に一度の同窓会みたいです。こういう時、配達っていいな~と思うひととき。最終配達地は、ぱんだコーヒーそして試飲は恋文(バレンタインブレンド)グアテマラブレンドなのでチョコに合う合う!今、自宅で飲んでいるのも恋文なので、ラズベリーブラウニー試作したときに、このコーヒーと合うわ~と一人大満足していた。お菓子教室のときは紅茶なので濃いめの何かを用意しないと、と思う。。
今日の販売ぶん。ラズベリーのせすぎ噴火気味(笑)2月の教室のときは、オープン中にラズベリーマグマが生中継で見れるかも。。これも教室ならではのお楽しみです。しかし、節分が終わらないと、バレンタインモードにならないな~。。。

お土産

先日、東京の友だちが帰ってきたので地元の友だちと一緒にご飯を食べた時のこと。「絶対、喜んでくれる袋のお土産があるの。絶対気に入ると思うんだ~」と、お土産が袋って、、、と、出されたのがこれ。加山雄三ミュージアム!?しかも洞窟って?!行ったの?遊覧船って加山雄三の船?洞窟ってなに?っていうか、この袋、何なの?!すごい貴重じゃない?!と質問ぜめの私たちだったが「ね~絶対気に入ってくれると思ったんだ~」と自信満々の友だち。


聞くと、どうやらこの桜えびせんにハマっていたらしく、色々な桜せんべいを食べたなかでここのが一番好みでおいしかったからお取り寄せしようと検索したら「加山雄三ミュージアムが販売元だったの。。。他に売ってないのよ」とのことで個人的に洞窟めぐりに行ったわけではないらしい(笑)お土産にも渡しやすいし日持ちするから結構な数で注文するようで「一つ一つクッション材で包んでくれからとっても大きな段ボールで届くんだけど、一つに一袋この加山雄三ミュージアム袋がついてくるから、どれだけ加山ファンかと誤解されちゃうんだけど、この袋いいでしょ~♪」さすが私の友だちである。笑いを忘れない。しかもミュージアム入場券を結構な枚数同梱してくれるらしく「それも持ってきたらよかったわ。ごめんね。」洞窟めぐりって何?なんだろうね、これだけえびせん買ってるんだから一回行ってあげたほうがいいよ。と、新たなミッションを提案。そして、メインのこのえびせん。しっかり厚めの食べ応えがあり駿河湾産桜エビ、静岡産米を使っているので風味もおいしい。たしかに取り寄せるのは分かる。一緒に自由が丘で人気のおいしいチョコサンドクッキーもいただき、都会はちょっとしたお店でもおいしいものが多くてうらやましいやら、困るやら(笑)

私からはこれ。ホワイトチョコ。

岡山の会社が作っているホワイトチョコで売り上げの一部がどうぶつ基金に寄付される。自分ができることで誰かの役にたつことが結構好きである。いつものイオン高松東の一階にあるお店で購入。変わったものを販売してくれるお店なので友だちと会うときは結構、ここへ足を運ぶ。このホワイトチョコは三種類あって黒豆きな粉の粗びき、赤米のクランチ、コーヒーの粗びきそれぞれが練りこまれて食感も楽しいし、おいしい!ホワイトチョコと黒豆きな粉が一番好みだったので友だちにおみやげ。この組み合わせはスイーツ作りにも参考になるな。。とハンターの目になる私であった。

おでかけ

念願のキッチンキュイへ!

おいしくて、ボリュームがあって、大満足で人気のお店キッチンキュイへ。場所が普段行かないところなのできっかけがなく今回はじめてやっと行けました。数年ぶりにゆっくり会う友達と。先月のポーセリン展示販売会でやっと再会できた友だちと再び連絡できるように。家族環境が忙しい時は女友だちと会えない時期もあります。でも必ず落ち着く時がくるので再会ランチは楽しみすぎるひとときでした。いつぶりが分からないので話すことが山盛り、聞くことも山盛りで時間足らず。。そして、キッチンキュイのメニューが決まらなさすぎて、、、、。メインの他にデリを2種類選ぶのに決まらなさすぎ。。。メニューが多すぎて何度も行きたくなる(笑)そして噂通り一皿が山盛りすぎ。どれもおいしくて大満足でやっぱりまた行きたいよね~と話になる。こうやって何度もいろんなメニューを食べにお気に入りのお店になるんだろうな~魅力だわと久しぶりに堪能♪。

友だちとも数年分の話をたくさんしたけど、全然時間が足らず。。。不完全燃焼のまま解散(笑)親の事、家族の事、仕事や体力低下の健康(笑)、趣味や食べ物、普段の生活のこと。女性は話すことがありすぎる。とくに盛り上がったのはお互い母親が高知出身なので「あるある!!!!」と、共通すぎる話題に納得したり慰めあったり解決したりですっきりしました。土佐女は、やはり手ごわいのです。。しかし、、昔からの友だちはホントに気心知れているので自分を解放できる大切な存在です。地元の友だちともそろそろ集合しなければと思い出しました。。。

白みそと黒糖と生姜のしふぉん

一年のはじまりお菓子教室は、毎年決まって和しふぉん。今年は白みそと黒糖を使ったしふぉんにほんのりショウガ入り。教室ではなるべく熱々出来立てをいただくようにしているので、シフォンも出来立ては柔ら科すぎです。白みそのようなペースト状の素材が入ると生地がもっちり食感になるので「なんだこれは?!」という声がでます。カステラのような、蒸しパンのようなもっちりで食べていると、ほっと落ち着く感じがするのは子どもの頃食べたおやつに似ているからだろうか、、昭和のおめかしおやつといえば、カステラ。カステラがあると、「今日、誰か来たの?」聞いたくらいだ(笑)

さて、冬のお茶といえばゆず紅茶。今年はお正月明けに姉に頼んで和歌山でユズを買ってきてもらったのでたんまりとユズマーマレードを作った。秋に行ったときに和歌山の産直でユズはとっても安かったので頼んで買ってきてもらった。大玉でも1個30円。1キロ少々買ってきてもらったけどもうすでにマーマレード不足になってきたので来年は2キロくらい買おうと思う。ユズが終わると八朔、甘夏と初夏までマーマレードが続くのでなんとも楽しみな季節。朝ごパンはマーマレードと相性がいいバゲットでいただくのが初夏まで続く(笑)好きなものは全く飽きないという安上がりな体質です。
ゆず紅茶と、バニラアイスにもゆずマーマレードがけ。おいしいのでエンドレスでいただけます。おそろしい。。紅茶にゆずマーマレードを入れるだけのゆず紅茶は甘くておいしいし、柑橘の香りでリフレッシュもでき、最後はカップに残ったマーマレードをいただき大満足。冬の疲れや気持がさえない時にもおすすめ。
さて、今回は和歌山の話になり。三重、和歌山へ社員旅行があるという生徒さんから和歌山って何があるんですかね~という話に熱く語ってしまいました。今や、和歌山派なので家で食べるお米も紀の川米。柑橘に、ハチミツ、梅干しに和歌山ラーメンに、熊野神社、アドベンチャーワールドにマグロミュージアム。サイクリストにとっては和歌山は絶好のコースがあるらしい。個人的に行った方が楽しそうということで、社員旅行は期待せずということに。。私は次回、春に行けるかな~と楽しみ待ちです。

2020バレンタイン

今年のバレンタインはラズベリーマーブルのブラウニーにしました。

ラズベリーを加えたブラウニー生地にラズベリ―チーズ生地を後乗せでマーブル状にします。本当は18cm角型で焼いて切り分けるケーキなのでもっとマーブルマーブルになるのですが、小さいハート型だと表面積が小さいのであまりマーブルできません。。。残念です。甘酸っぱいのとチョコ生地との2つ味が楽しめる予定です。今月の教室&1月下旬のスイーツ販売の予定です。