かすてら

久しぶりに通ったので岸田菓子店でかすていらを。20歳のころからずっと買っている。そのころは、先代が作っていたかすていらだった。買ったその場で一個ずつ紙で包んでくれるのを待つのが好きだったな。今は便利になってすぐ買えるしクリームかすていらも年中買えるようになったけど、かすていらを包んでくれるおばあちゃんの手さばきを見るのが好きだった。たぶん、味も昔のほうがこってり、ザ・かすてらって感じだったような気もするけど、時代の流れや素材の変化で味もかわるし、今はもっちりながらも軽くておいしい。なので、どんどん食べれる危険なかすていら。。
今回はプレーンを購入。ほんとにシンプルなカステラなのでお土産にも喜ばれる。昭和生まれにとってカステラはまさに南蛮渡来のぜいたくなおやつだったので、今でもカステラを買うとわざわざ「カステラ、買ってきたよ」と声に出して言ってしまう。
わが甥っ子もカステラ好きで買った先からどんどん食べてしまう。しかし、今は誰もいない・・・・・。今は1本買えば事足りる。姉に連絡して「岸田菓子店のかすてら食べる?」「食べる!」かすてらは幸せの味。。。昔、カステラを習ったことがあるけど、材料のすごさに驚いて、これは、、作って食べるより知らずに買って食べる方がいい。。と判断し、それから作っていない(笑)大酒のみの父もカステラは好きだったが、今は廃業してるが高松の百合屋というお店のカステラを好んで一番おいしいと言っていた。和菓子屋のカステラなので上品でおいしかったのを覚えている。てんぷらはあの店、お肉はここ、お魚はここ、とおいしいものは店ごとに買っていたので、子どものころから「てんぷら買いにいくぞ」と言われわざわざ高松へ行ってぶらぶらしていた。そして車のなかで食のうんちくを聞かされ「ここのてんぷらは観音寺のお魚を使っていて、てんぷらといえば、うんぬんかんぬん・・」めんどくさいな、と子ども心に思っていたが、私もすっかり同じようになってしまい甥っ子に「ここのお店は、、」とうんちくを言ってしまう。でもこれがおいしいお店の正しい情報継承だと思う(笑)今も、父や母がおいしいお店と通うところへ私も買いにいくからだ。しかし、高松のお肉屋さんやお豆腐屋さんも主人が高齢で閉店となったりした。コロナ打撃でいろいろあるけど、おいしいお店は本当に残ってほしいと思う。

片付け

最近、暑いので夕方は自転車で。といってもご近所の友だちのところ移動5分ちょっとくらいの場所まで。普通の自転車なので遠くまで走り切る自信がない。。
最近のご近所友だちとはブロッコリーと甘夏マーマレード交換のために行くことが多く、行った矢先玄関に座って世間話をひととおりして帰る。年上の友だちは母と同じ年だけど、昔、珈琲屋さんで働いていたときの大先輩で、ずっと仲良しなのである。元気な一人暮らしなので話も色々楽しくついつい長居してしまう。息子、娘は県外でキャリア組なので心配もないし、元気な一人暮らしは理想である。
行く途中にはオリーブがたくさん埋まっています。花がたくさんついていました。風も気持よく田舎道を自転車走るのはとてもいい季節。しかし、往復10分以上乗ったことはない・・

さて、最近の我が家は世の中の流れにのって大掃除、片付け真っ最中。。衣替えから始まり納戸、物置から出るわ出るわ不用品。そして、すっきり片付き、なんで今まで捨てなかったんだ?と思うほ不用品が(笑)使えるものは「使う?」と母が聞いてくるがそれ以外はどんどん片付けられ昨日の粗大ごみ日にはなんと7個の袋が。。言い訳であるがその中には私が会社員だったときの幹事だったため保管?していた宴会グッズが一袋占めている。ちなみに鼻フックゲーム、二人羽織り、早押しゲームやおかしな物がたくさんあり捨てるのも恥ずかしかったのでどうしたもんだかと思っていたのだ。そして、この勢いにのりお風呂のフタも買い替えたのでフタだけでもほぼ一袋使い、先月捨て忘れた粗大ごみもあったので7個にも。。「恥ずかしいから2か月にわけて捨てる?」と母に言われたが何に対して恥ずかしのだ?!とさっさと捨てにいった。案の定、ごみ捨て場にはまーまーの量が並んでいる。しかし、捨てた袋の中は分からないのでもし私が見て「あ!これ捨てないで!!!」と言うものがあったかもしれないが、、、知らぬが仏、思い出さぬうちが幸せというもんだとさっさと捨てた。が、物置と何度、クローゼットはすっきりしたが、結局そのまま久しぶりに出てきた夏用花器や食器、絵なので模様替えになり、出てきた食器や陶器物で物が増え断捨離どころでは無い。しかし、こないだいい言葉を聞いたのだ「何を捨てたかのでは無く、何を捨てなかったのか」使わないからゴミ、必要ないから捨てるという考えも大事だけど、音はでないオルゴールも人からみればゴミだけど亡くなった家族からのプレゼントだった思い出があれば、それは大切な保存品。コロナ勢い片付けにのっかって何でも断捨離した後に、思い出まで断捨離して後悔しないように。

そんな番組だったような気がする。物好きの私にはもってこいの内容だ。なんたって最近の私の普段着は甥っ子のお下がり(笑)オーバーサイズで楽だし女子には無いカジュアルなかわいさがあるのでとても着やすい。友だちも「今日は息子の服」という時もあった。姉も次男のセーターをちゃっかり着ていたし。お気に入りの物にあふれた物多い生活も、ま、いいんじゃなかろうか(笑)

家仕事

小さい子どもがいないのでステイホームといえど日々特に変化なく。この季節は夜な夜なマーマレード作り。1,5キロ。これで夏がおわるくらいまで色んな柑橘マーマレードで在庫を作っておきたい。今回は近所の友だちから「マーマレードにして」と、いただいた甘夏。マーマレードにして半分ほどお返しする予定。
気候がよくなり、ステイホームで行くところもない元気をもてあます年金生活高齢者の母は、やたら片付けをしている。洋服やバッグの整理片付けが落ち着いたところ、納戸と外の物置を片付けはじめている。そして出たのがこれ。プラスチックらしいが彩きれいな大き目の丼?麺茶碗?昔すぎて誰も覚えていないがさっそく我が家に採用。だけど、やはり大きくて、、おそろいのお箸やミニ皿などついてそうなのに何もない。この日はクッパに使ったけどやはり器が大きすぎて食べ過ぎに(笑)大きい器は危険だ。
そして、これが出てきた。ポップアップのトースター。懐かしい。これは昔、放送局で働いていた時に撮影が終わって不要になったからいただいたと思う。99年製って書いていた。そんなに月日が?姉に家にはドラえもんのポップアップをあげたのでピングーはウチで預かって、ドラえもんが飽きたらの予備においていた気がする。懐かしな~ドラえもんやピングーの焼き印が押されたパンが焼きあがったときの甥っ子たちのテンションの高さったら。「見て!ドラえもん♪」今も思い出される。すると、私がいない間に母がこの懐かしいポップアップで食パンを焼いたらしく、「すっごい薄いパンしか焼けないのよ!すっごい薄いパンよ。何枚切りかしら、あんなに薄いパンしか焼けないなんて」と何度も言っていたが、昔はパンといえば6枚切りだったような。私でさえ5枚切りのパンは買ってなかったような気がする。今時のポップアップは厚さ調整ができるのかもしれないけど。トーストサンドをする時にでも使おうかな。
さらに、これも出てきた。あら懐かしい。ほっと落ち着く感じが古さをかもしだす。
そのまま食卓にだせる陶器タイプ。蓋もレンジ可で蒸気をだせるようになっている。昔はこういう陶器か、ホーロータイプの保存容器がメインでそのまま食卓にだせたりした。が、時代とともに中身が見え、軽量化となりまたスタッキングできるなどどんどん便利な物が増えてこういったちょっと重さのある保存容器は納戸の奥へ。。。でもコロナ片付け波にのって出てきた子なのでわが家に採用。
しかし、、、ステイホーム中に断捨離とか片付けブームなのに我が家は物は増えるってどういうことだ?片付けして増えていくって、、結局、物が好きな家族だから仕方ない。そして昔はお礼やお返しが物だったので在庫が増えるばかりだったけどいいものが多かったので今でも新鮮だ。友だちなどは「お姑さんから片付けで使わない食器もらったんだけど、ウエッジウッドやノリタケの洋食器一式をもらってきたの!」と喜んでいた。それもやはりお返しやお礼、コンペ賞品などでたまっていたものらしい。いま、実家の納戸を片付けするチャンスである(笑)

食パン一本用エコバッグ

いつも、食パンは1本買いです。まるごと買って家で半分ブロックにしてそれぞれ冷凍します。いただくときは、その都度自分の食べたい厚さにスライスするのでパンは乾燥せず、いつもおいしくいただけます。面倒なようだけど、普通の包丁でさっと水でぬらして切るとちゃんと切れます。そして少々切り口がガサガサになってもちょうどガサガサのところがカリっと焼き上がり、いい感じになるのです。いちいち食に面倒な私です。
そして、今回ついに!食パン1本用エコバッグを入手しました。先月、そらパンで買いにきている常連さんが自分で食パン1本買い専用のエコバッグをもっており、無理やり見せてもらいました(笑)それが、とってもかわいくて「端切れで作っただけなのに」とご謙遜。一般的にバケットエコバッグはあるけど食パン用とは!端切れでいいので暇なときに、ぜひ、、そらパンオーナー経由でお願いして、昨日行ったときに「こ、これはもしや!!!」と見つけて即買い。
裏側。端切れといっても色が統一されていてかわいい。こういうのもセンスなんでしょうね~私には無い(笑)イチゴ柄とピンクって、お菓子仕事の私にぴったりのバッグではないか!!赤とピンクでとても私好みで一目ぼれです。
ぴったり食パン1本♪感動です。。いつも自分のエコバッグへ縦に入れていたのですごくうれしい。お店の食パン専用レジ袋はあるけどこれからはパン屋もエコ時代。食パンもうれしそう。
角もかわいい。作った方は布作家さんでもなく普通の会社員です。すばらしい。。。
内ポケットはそらパンスタンプカードが入るようになっています。いつも忘れるから助かる。。

今回、コロナをきっかけにマスク作りに世の中の皆さまの裁縫すごさに感動し、私の母は手縫いなのにミシンばりの完成度に驚き、今回のエコバッグ。私は裁縫が一切できないので、型紙をみても裁縫のおしゃれ雑誌を見ても暗号にしか見えない。理解不能。世間ではこれが普通なのだろうか、、。。しかしミシン好きの人からするとお菓子を作るなんて面倒くさくてありえないという。そうかな~。。。世の中、そうやって得手不得手があってバランスがとれているの。それにしてもたまたま残っていた食パンバッグが自分好みだったので一日ご機嫌な私であった。早く、食パンを買いにいきたい。。

ラズベリーシフォン

今月のスイーツ販売はラズベリーシフォンでした。去年かその前につくったベリーベリーシフォンはイチゴとラズベリーのピュレを加えたピンクシフォンでしたが、今回は粒ごと加えたシンプルなシフォンです
紙コップサイズと12cmサイズを作りましたがバタバタしていたので12cm撮り忘れ。。
珍しくクリーム別販売、ラズベリ―クリームです。固めに仕上げています。ラズベリーピュレを加えた甘さ控え目のクリームです。

今回のラズベリーシフォンは通常の作り方を変えています。なので色々な教室先で作りたかったのですが今だ実現できず。。。このシフォンの作り方は東京のシフォンがおいしいお店の作り方を参考にしています。今から、、30年くらい前?シフォンケーキブームがあったように思うんだけど、、、その時に色んな作り方を勉強して探して、習いにいって。当時、東京にいた友だちから入手したレシピで作ったのがこのラズベリーシフォン。とっても簡単な作り方なんだけど、きめ細かくて軽いので当時若かった私はもっとどっしりもっちりした生地がよかったので飽きてしまった。今回、ふと思い出して作ったところ、しっくりきた。卵黄の生地が空気を入れずに仕上げるのとメレンゲも少々コーンスターチを入れて泡締めをしている。その効果できめの細かいシフォンになっているはず。おいしさも作り方も分け合いたいので、早く色々再開したいもんです。