雑貨屋閉店

今月、ずっとお世話になっていた知り合い雑貨店が閉店しました
個人宅の一角を雑貨屋にして15年ほど、、営業していたような、、
今でこそハンドメイド雑貨が当たり前だけど、
こちらのお店ではずっとハンドメイド作家さんの委託販売をしていて
個人営業なのでオーナーの目利きも厳しく、丁寧な作品のみ販売していたので
とても安心してお買い物ができるお店だった。
月に10日ほどの営業だったので、たまに行くときは一気にいろんなお客さんがきて
わいわいと話しこんだり、楽しんだものです。
そのつながりで、私も色々お仕事をいただきました、
まだ、この仕事をスタートしたばかりだったのでどうしたもんだかと思っている時に
友だちが
「よかったらそのお店にお菓子委託販売してみない?」と紹介してくれたのだ。
そのことがきっかけでお菓子の委託販売という仕事がはじまり、
たまにお料理教室もさせていただき、
ずっとお世話になりました。。。。
なかなか足を運べず、やっと最終日にお店に行き、なんやかんやと2時間も話し込んでしまった。。
いつもあるのが当たり前だったので
閉店となると、、、一つの居場所がなくなったようできもちがぽっかり穴があいたような。
あっという間の十数年、、家族の成長や親の高齢など環境はどんどん変わるけど
変わらない居場所があることでリフレッシュできたんだな~としみじみ。
昨日夜、本の整理をしていて
仕事柄、自分の記事が掲載された雑誌や飲食情報などいろいろ保存していた本を捨てた。
(自分の記事を切りぬいて)
ぱらぱらめくると、ここ数年の月刊誌情報でも、現在かなりの数の飲食店が閉店している。
オーナーの高齢化や移転などもあるけど。
あらら。。。継続ってすごいことだわ。
さて、雑貨屋で
また、60歳くらいになって、生活が落ち着いたら不定期雑貨店オープンしてください~!
と、お願いして帰ってきた。
40代は、50代になったら、、、といろいろ想像していたけど特に何も変わっていないので、
60歳になってもそんなに変わらないんだろうなと思ってきた
「また、お店再開しましょう!」
未来は言ったもん勝ちです。

イベント
9月12日木曜日
ぬくぬくマママルシェ
地域イベントに日新コミュニテイセンターコラボクッキー
浜の骨付きクッキー販売されます。

教室
日新コミュニテイセンター
10月 スイーツ教室
栗スイーツを作る予定です

築地コミュニティセンター
BGクック  小学生対象クッキング
10月12日10時〜12時

バナナシフォン教室

日曜はバナナシフォン教室でした。
バナナのいいにおいに包まれて。。
お菓子の時間は、しあわせすぎるひとときです(笑)
バナナの農薬のお話をしてからスタートです。
昔はほんとにたたき売り価格でひと房100円くらいで
売っていたけど、最近、入荷が厳しく全部高いです。
そのおかげでどこでもオーガニックバナナが買えるように
なってとてもありがたい。
しかし、今回バナナより盛り上がったのがアイスである。
試食に添えたバニラアイス、レディボーデン。
ハーゲンダッツでは主役をとられてしまうので、
邪魔過ぎず、主張しすぎずのレディボーデン。
「先生!レディボーデン!!!!」
ともに昭和40年代生まれの生徒さんたちとともに盛り上がる。
「夢のレディボーデン~ 子どものころ買ってもらったことないかも。
しかも、大人になっても買う勇気がない(笑)買える値段なのに」
分かる。
昭和の子どもにとってレディボーデンは夢の高級アイス。
大人になっても買うときにドキドキする。
買える値段なのに、躊躇する(笑)
差し入れで買ったときも、先方で「レディボーデン!!!?!」と歓喜。
パッケージも変わらず茶色で冷凍コーナーで待っている。
場所は、いつも隅っこ。そうそう買う人も少ないだろうという隅っこ。
つかつかと歩いていき、さっと取り出して買いにいく優越感。
ハーゲンダッツとは違う優越感があるのは、なぜだ。
たっぷり、プレートにのせて
「そんなに?!♪」
チョコレートソースとローストアーモンドを添えて、、、、

と、食べはじめてから、、
あ!!!
バナナがのってない!!!!と気づいて、急きょバナナ添え。。
バナナシフォンに、チョコレートソースとバニラアイス、バナナ、アーモンド。
王道の組み合わせに口のなかはパラダイス。
話はフルーツになり、
最近は簡単に地元でもビニールハウスでマンゴーを作って販売しているようで。
手ごろかと思いきや、結構な値段がついていて、
参加している生徒さんが勤める会社では、そのビニールハウスで作ったマンゴーの
社内販売圧力がまわってくるそうだ(笑)
いつの時代も同じだな~。
いろんな話をして解散。
8月はお休みして次回は9月の予定。
残暑はどうなってるのかな~

新ショウガ

新しょうが。
久しぶりに家ネタを。
毎年梅雨の蒸し暑いときの手仕事といえば
梅、らっきょう、しょうが。
そしてタイミングをのがすと作れない短い限定手仕事。
が、今年はうっかりして梅をつけるのを忘れてしまった。
さらに完熟梅で甘く酸っぱい梅ジャムを作るのもタイミングをのがしてしまい
今年は梅無し。
和歌山に行けば、梅狩りというのがあるようで、、一度行きたい。
どっさり狩りたい(笑)
そして、らっきょう甘酢漬けは去年途中で飽きてしまいずんやり残ってしまったので
今年は作らず。。。
酢大豆も常備作っているせいだろうか。
なので今年は新ショウガの甘酢漬けのみで。500gずつ作り合計1キロ。
簡単だけど、ショウガも手切りで一キロも切ると結構疲れる。
1週間ほどでかわいいピンク色になり食べごろ。
ショウガの甘酢はそのまま食べるけど、刻んでサラダに入れたり、
夏のおいなりさんは、酢飯にシソと甘酢ショウガを入れる。
何かにつけてトッピングにしても合う。
マヨネーズとの相性もいいのでポテサラに刻んでいれても大人味になる。
甘酢液とともにオイルとまぜるとショウガドレッシングにもなるので
多めに作っておくととても便利。
でも、結局ふつうにバリバリ食べてしまうことが多いかな・・
暑い季節は苦手だけど、こういう甘酢ものは暑いときにこそおいしい。