バナナシフォン教室

日曜はバナナシフォン教室でした。
バナナのいいにおいに包まれて。。
お菓子の時間は、しあわせすぎるひとときです(笑)
バナナの農薬のお話をしてからスタートです。
昔はほんとにたたき売り価格でひと房100円くらいで
売っていたけど、最近、入荷が厳しく全部高いです。
そのおかげでどこでもオーガニックバナナが買えるように
なってとてもありがたい。
しかし、今回バナナより盛り上がったのがアイスである。
試食に添えたバニラアイス、レディボーデン。
ハーゲンダッツでは主役をとられてしまうので、
邪魔過ぎず、主張しすぎずのレディボーデン。
「先生!レディボーデン!!!!」
ともに昭和40年代生まれの生徒さんたちとともに盛り上がる。
「夢のレディボーデン~ 子どものころ買ってもらったことないかも。
しかも、大人になっても買う勇気がない(笑)買える値段なのに」
分かる。
昭和の子どもにとってレディボーデンは夢の高級アイス。
大人になっても買うときにドキドキする。
買える値段なのに、躊躇する(笑)
差し入れで買ったときも、先方で「レディボーデン!!!?!」と歓喜。
パッケージも変わらず茶色で冷凍コーナーで待っている。
場所は、いつも隅っこ。そうそう買う人も少ないだろうという隅っこ。
つかつかと歩いていき、さっと取り出して買いにいく優越感。
ハーゲンダッツとは違う優越感があるのは、なぜだ。
たっぷり、プレートにのせて
「そんなに?!♪」
チョコレートソースとローストアーモンドを添えて、、、、

と、食べはじめてから、、
あ!!!
バナナがのってない!!!!と気づいて、急きょバナナ添え。。
バナナシフォンに、チョコレートソースとバニラアイス、バナナ、アーモンド。
王道の組み合わせに口のなかはパラダイス。
話はフルーツになり、
最近は簡単に地元でもビニールハウスでマンゴーを作って販売しているようで。
手ごろかと思いきや、結構な値段がついていて、
参加している生徒さんが勤める会社では、そのビニールハウスで作ったマンゴーの
社内販売圧力がまわってくるそうだ(笑)
いつの時代も同じだな~。
いろんな話をして解散。
8月はお休みして次回は9月の予定。
残暑はどうなってるのかな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です