50歳は小さな子供

県外で住んでいる甥っ子長男が帰省するときに持って帰ってくれる日経新聞。自分が読み終わったあとまとめたものを我が家へ。日経に入っているプラス1とニッケイスタイルという特集が好きなのでまとめて新聞を持ってきてもらう。全国紙であり経済新聞なので分かりやすいし、情報が国内外通して掲載しているので芸術、旅行、嗜好物もろもろの情報が幅広くておもしろい。そして五感を刺激してくれる。地元新聞だと高松美術館の情報しかないが、日経だと九州から東京まで美術館情報が掲載しているうえに見開き2ページで美術作品の説明があったり、とても楽しくて勉強になる。ブランデーケーキ特集のときは福山のお店が掲載されていたので、ちょっと気になるところである。

そんななかで整理しながら新聞をみていると、二度見した記事が。89歳、キャリアがまだ続く?

プロフィールもさすがな実績で、89歳で今の仕事終いをどうしようかと考えはじめたところらしく。70歳で創業した組織もあり、わたしはそろそろ終活も考えているのに。。。記事を読むと、やはり根付いた女性格下日本社会は事実上存在しており、その現実を変えることにまだ引退するわけにはいかないと。人生100年時代、先日、知り合いの方から「50歳なんて、まだまだ子供ね」と言われてしまった。

違う日にちの新聞では定年を50歳にして、会社に頼らない、自分のやりたいことを仕事に第二の人生を送るをルールにしてもいいと思うという記事が。人生100年時代で定年、老後、年金の意識も変わってきた。そして、わたしはどうしたもんだと思いながら。。日経新聞に惑わされる私である。

団子を求めて

友達からテレビで見たお店へ買いにいったけどその日に限って臨時休業だった。。との話を聞いて「ちょっとした近所だから視察にいってくるよ」車移動10分内は私にとってご近状である。ワクチン三回目の帰りに行ってきた。(ワクチン受ける病院は本当の近所)昔から通り道で看板は知っていたけど行ったことはなかった若屋製菓。看板があるけどお店がすごそこに無いのでスルーしていた。

これは高松方面から来たときに見える看板

西から来たときに見る看板

この看板は昔から知っている。

細道をちょっと入ると、わかりやすく案内がすぐそこに。

写真つきメニューがあります。迷います。。。土曜はパンも販売してるようです。次々と車が入ってきて写真もそこそこに。。。

アフォガード、かなり気になる。。

悩みに悩んでみたらし団子、桜餅、かしわ餅を。メニューが多くて悩みすぎる。。

家に帰ってすぐ食べると、あったかくてもちもち。出来立てみたらしを食べるなんて、久しぶり。桜餅はつぶあん、こしあんを選べるらしく迷った結果、こしあんに。そんな魅惑的な選択肢があるなんて。。。金曜がお休みで16時までの営業。昼間、この道を抜けることが多いので地味にいろいろ制覇したいと思う餅好きの私である。外で食べるとこもあり、珈琲と餅を一緒に食べることができ、しかも有機珈琲なのできっと和菓子に、さらりと合う味わいにちがいない。しゃれた店で珈琲飲むより自然のなかでこっぽり休憩するのがいい。 

ひとまず、ワクチン休息終えてからです。。

カフェジョン

母の日ギフト写真撮りのあと打ち合わせもかねてランチへ。

ランチとコーヒー。靴をぬいでおじゃまします。実は今年に入ってから坐骨神経痛になり、中腰で脱ぎはぎして入店するカフェは少し苦手になりました。。高齢者の気持ちが分かる。

お店のインスタグラムで歌とギターのライブもしていました。とっても歌が素敵で驚き。お店にビートルズレコードが飾っていて冬にバイオリンコンサートに行ったことを思い出しました。高嶋ちさ子父さんプロデュースのバイオリンカルテット。ビートルズをバイオリンでかっこよくアレンジは今まで耳に残っています。

家に帰ると母がピアノでショパンを練習中。ピアノ教師だったので今でも趣味です。私はお花とピアノは鑑賞専門。人様のおかげで音楽と花とお菓子の1日でした。

レモンとヨーグルトのシフォン

ここ数ヶ月、ヨーグルトスイーツを好んで試作中です。数年前にもハマりドライフルーツを漬けて食べたり、乾物をもどすときに使ったり。ヨーグルトメーカーで豆乳ヨーグルトやカスピ海ヨーグルト、生クリームヨーグルトなどなど各種作りました。そして、飽きる(笑)。酵母の発酵もできるし塩麹、醤油麹も作り、一台では足りないなーと思うほど活用。飽きてからは片付けてしまった。しかし、、今年、夏みかんマーマレードを作ってからヨーグルト&マーマレード食に拍車がかかり再び我が家のヨーグルト不足。

ヨーグルト生活が再びはじまる。

以前、ヨーグルトにハマっていたころ作っていたヨーグルトシフォン。そしてさわやかなレモンシフォンのいいとこどりでレモン&ヨーグルトシフォンにしました。ヨーグルトシフォン秘密はホエイです。ヨーグルトの乳清。水切りヨーグルトと生クリームを合わせたヨーグルトクリームで包んだシフォンです。

なぜか、レモン皮が光ってます。

想像していたより爽やかで優しいコクがありこれからの季節にぴったり合いそう。

5月の教室と6月の日新コミュニティセンターで作ります。まちどおしいな~。

白いバラと映画

昼過ぎて家に帰ると毎年の白いバラが咲いていた。春のバラ季節。庭に白いお花があると爽やかです。

でも、地植えに広がって咲いていたはずの去年。あれ?こんなに上まで咲いていただろうか、、と思いつつ。

それから数日、あれ?どんどん咲いている。。

そして、さらに数日。あれ?こんなにというほど咲いていて、そのアーチは違うピンクのバラが咲く場所なんだけど侵略?母も、こんな場所まで咲いてるの?と・巻き付く場所があればどこでも蔓を伸ばすのねぇ・・と驚きを隠せない。ピンクのバラが後からどう咲くのか楽しみである。

さて、甥っ子三男が帰っているので就活の邪魔にならないように遠慮していたが、余裕のある日に一緒に映画へ。久しぶりの映画は007以来。席も間引きでゆったり、両手を堂々とのばせるのである意味ゆっくり映画をみれる。しかし、隣にいるはずの甥っ子がひと席あけて座っているので「遠いよー・・」と訴えると「遠くないやろ」とピシャリ。別に一緒に何かを食べるわけでも小さい子供でもないのでいいけど、、ま、いいんですけど。。次に一緒に映画を見ることがあるかどうか分からないのでいい夜になりました。22歳の甥っ子です。

家まで送ると姉から近所からいただいたというタケノコを渡された。「俺、タケノコ天ぷらがいい!」ということは、翌日タケノコシリーズおかずとご飯を作って持ってくる、ということだ。甥っ子が帰省すると忙しい。。