運動会バザーが終わって、翌日夜にぐったりしてしまった。
筋肉痛は、かろうじて次の日にくるけど、ついに疲れも忘れたころにやってくるんだ。
友だちに言うと、
「それは、年ね」
と、あっさり。
とにかく、寝る。そして、水分とビタミンをしっかりとる。
ストレッチを十分すぎるほどして、そしてまた寝る。
これで回復。
はー、、めんどくさい年齢になったもんだ。
今日、月曜はこまごまと普段できないことをして、
電話したり、銀行いったり母の買い物につきあったりと。
すると、夜に甥っ子次男から、
「夜、ひまー?」
近くのドラッグストアに黒染めを買いにいくついでに
ウチのパソコンで楽天買い物をするらしい。
で、。なぜ?黒髪に?
証明写真を撮るのにしばらく茶髪から黒髪にもどしたいから。
そう。
そして、2人でドラッグストアで買い物をしてると後ろからかわいい女の子と
お母さんが歩いてて、
「キョロキョロしてるとお姉さんにぶつかるわよー」とお母さん。
(お姉さんとは、ワタシのことか?)
すると、
どん!
あら。。
予定どおり、ワタシにぶつかってしまった。ふりかえるとものっそかわいい女の子で
「おねえしゃん、ぶつかって、ごめんなしゃい。」
ですってー!
子どもタレントの星羅ばりにかわいい子でしかもちょっと舌たらず口調で、
かわいいったらありゃしない!
「大丈夫よ。気を付けてね♪」
ひゃー、、、かわいいー。。。なんてかわいいの。。
黒目がちなかわいいお目目で、あんな風に言われたら誰でも許してしまうわ。
いい夜だったなー。
さて、ここでちょっとした問題が。
以前にも友達と話をしたことあるが、他人に対して自分のことを「おばちゃん」「おねえさん」と
呼び名がかわるときは、いつであろーか。
友人いわく子どもを産んだら「おばちゃん」になるらしいが、そんなことは世間の人からはワカラナイ。
かといって40もなかばをすぎて、自分を「おねえちゃん」と呼ぶのもなんだかなー。
しかし、わたしは、どこにいっても、小さな子供にも「おねえさん」と意識付けさせている。
スーパーにいっても、「そこのおねえさん!」のかけ声に一番にふりむくのは、ワタシだ。
そのことによって、一番自分に意識づけさせているのだ。
おそるべし自己暗示。
体力はすっかり中年だけどね。
今日もなんとか本日中に寝たい。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です