レモン漬け色々

レモンスイーツを作ったあとはレモンが残ります。皮を使うことが多いので本体はそのまま。毎年レモン漬けに。今年は梅を漬けた氷砂糖が余っていたので氷砂糖漬けと、ハチミツ&洗糖漬けの二種類です。

色の違い。

氷砂糖漬けはスッキリして爽やかです。ごくごく飲めるハチミツ&洗糖は濃いめ、しっかりした甘さ。炭酸割りにするときは生姜もいれたい感じです。夜に一日の疲れをとるクエン酸、ビタミンCをとれるようにレモンを食べ、日中はボトルにレモン水にして持ち歩いています。暑いとき、さっぱり飲めるし、甘さで疲労に効きます。しかし、ほんとに暑くてすでに夏バテか?と思うほど。。

昨夜、やっと甘酒を仕込みました。ヨーグルトメーカーにご飯、麹、水でスイッチオン。ヨーグルトメーカー、ヨーグルトはもちろん、味噌、納豆、塩麹醤油麹、天然酵母が作れるのでほんとに便利。家計を見直す今、おすすめかもしれません。しかし、暑い。。

カントリーフェスタ終わりました

2022カントリーフェスタ、今年は制限時間もなく自由に出入りできました。来場者のみなさんも笑顔が多かったです。去年はピリピリモードで心身ともに疲れたけど今年は、和やかで無事に終わってほんとによかった。私は受付にいたので会場内をゆっくり見てないけど、これは?!と目を引いたのが一つ!

https://bikando.jp/?pid=136157440

https://bikando.jp/?pid=136157440

佐藤紅商店の調味料。ゆず胡椒です。パッケージで目をうばわれ、香りで五感をゆるがされ、迷わず購入。つぶつぶ柚子がところどころに見え隠れして、赤い唐辛子カラーが、食欲を駆り立てる。無添加で作り手の思いがこめられた商品においしいが込められているに間違いない。

公式サイトから写真をコピペしました。

しっとりしています。おいしそうー!夜に棒々鶏を作ったのでいただく際、少し加えて。辛い!そのあと柑橘の爽やかさが辛みを包んで鼻からぬけていきます。そしてすっきりした辛みだけが口の中に残り、静かに去っていきます。いつまでも辛くないし柚子の爽やかが後をひいて、ついつい手がでるおいしさ。添加物が多いものは、いつまでも後味が舌に残ります。おいしさが余韻を残してスッと消えるのは無添加だからです。いい買い物したな~と、ご機嫌です。色んな通販でも買えるし公式サイトで調べてみると、より楽しさが広がります。

調味料は、一生のお付き合い。いい出会いがあったのでこれから食卓が楽しみです。そして終わったあとはタリーズへ。1日コーヒーを飲めず、あったかい食べ物をたべてなかったので軽く。雑踏から離れたかったのもあるので、2階でのんびりしてから帰宅。さて、今年は12月にもカントリーフェスタプレミアムが開催です。ひとまずこの暑い夏をゆず胡椒で乗りきらねば。

ブルーベリーケーキ

最近は、ベリーとヨーグルトにハマっています。友達の家でマルベリーを収穫してから紫カラーのベリーと蒸し暑い毎日のストレス解消にヨーグルト生活で、すっかりベリー漬けの毎日です。お菓子もベリーで。バターを使わずオイルで仕上げ、乳清も加えています。冷やしても生地がやわらかいままなので、冷やしスイーツにおすすめ。ヨーグルトクリームをのせていただきます。こぼれおちそうなところを、パチリ。「これがいいですよねー」と思わずにっこり。

蒸し暑いときは体がだるく消化も弱くなるので、とにかく食べ過ぎないこと。でも疲れるのでこってりしすぎない甘いものが良い。消化に負担がかかる動物性を控えることがおすすめです。じわじわ汗をかくので水分をしっかりとり、野菜中心の生活で体を軽くするのが梅雨乗り越えのコツかと思います。ショウガ、ミョウガ、シソ、などの香りでさわやか感を吸収して。除湿や冷房で体が冷えを体感するスタートなのでスパイス使いもこの季節のおすすめです。手軽にシナモン、ジンジャー、カルダモン、クローブは紅茶によく合うのでスパイスデビューにぜひ。

さて、今月は久しぶりにノリタケ食器に。さわやかな食器にしようと思い、そういえば!と思い出した食器。いとこが30年ほど前に結婚式の引き出物で用意してくれたもの。当時は、まだ大荷物の引き出物を持って帰る時代。食器好き、紅茶好きを知っているので、わたしと母のぶんだけこの食器を選んでくれたそうだ。好みもぴったりでずっとお気に入りのカップ。ケーキ皿は、子供のころから使っているノリタケ皿。本家だった我が家は、法事のたびに30人ほどの出入りがあるため、お店屋さんなみの食器がありました。フルーツをのせるお皿でメロンをのせ、子供時代よくお運びさんをしていました。メロンがつるつるすべって、、あやういお運びさんに親戚のおっちゃんおばちゃんもハラハラ。ご褒美にあまったメロンやフルーツをもりもり食べれます。

アップにするとこんな感じ。食器も時代の流行りやデザイナーが変わので色、デザインが変化します。最近は、シンプルやスタイリッシュ、時代背景で元気カラーが多いかもしれないけど、こういう優しい色合いとデザインが好きである。フチのデザインがノリタケスタイル。

夕方、外からピンクカラーが入り込みカーテンがピンクに染まりはじめたので、もしや夕焼け?!と外に出てみる。久しぶりの夕焼け。天然色のグラデーションにうっとりためいきが出ます。理系の甥っ子長男に夕焼けの理由やなんやかんやと説明を聞いたことあるが、ちんぷんかんぷん。立ち止まってきれいだなーと感じる気持ちだけでいい。

いまさらワンダーコア

今から7年ほど前に、甥っ子がほしいというので誕生美に買ったもの。あるあるでそのうち、部屋の隅へいき、洗濯物が干されたりとある意味王道の使い方。

姉の家にひっそりたたずんでいたのを知っていたので、この度ヘルニアからなる坐骨神経痛解消のため、老後も体力、筋力をつけるために引き取ってきました。もともと私が買ったものだし(笑)。

意外に、簡単に使えます。効果は分からないけど、、、継続が効果につながるので習慣になるようにがんばるつもりです。いろんなストレッチができそうな感じ。足腰は老後の命綱。。。人生100年時代です。。

岩崎パン

最近、津田の老舗パン屋 岩崎パン をいただいた。これ。食パンと、うぐいすパン。写真はないけどクリームパンもあった。名前入りのパン袋にまず驚く。かわいい!昔ながらの味わいでおいしかった。お腹がすいていたので写真も撮らずにバクバク食べてしまったクリームパンは個人的に生地の厚みとフィリングがちょうどいい。しっとりもっちり。最近のハード系やしゃれたパン、素材にこだわりぬいたパンも好きだけど昔ながらのシンプルパンはなんだか気持ちがおちついておいしい。あまりに気にいったとアピールしたら、きょうの残りだけど(笑)といって食パンをおすそわけしてくれた!少し甘めでトーストしなくてもおいしい。

うぐいすぱんも、かわいい。調べてみたら昔からあるパン屋さんで、ほんとに昭和のままのお店だった。子供のころは商店に買い物へいってもお魚屋さん、お肉屋さん、八百屋さんがそれぞれあって、それぞれで商品を頼んで買っていた。シンプルな買い方でとにかくおいしかった。ちょっと離れたところにパン屋さんがあって休みのときはまとめ買い。コッペパンやロールパンがおいしくて閉店したあとはさみしかったな。

津田にある菊水堂で薄くて丸いようかんか、ういろうか分からないもっちりしたおいしい餡のお菓子がある。津田に行きたいな~と言うと「そんなに期待する町じゃないから、普通の町。夢を広げるのはほどほどにね(笑)」と。でも、いま一番、行きたい町である。