子供お菓子教室

蔓延防止前に開催できました。子供お菓子教室。毎年恒例の夏休み簡単お菓子教室[桃のタルト」です。感染予防対策でお一人様キットで用意。道具や材料を他の人と共有しないようにして開催。今回は簡素化のためクリームは私が作ったものを一人ぶんずつ用意して、子供たちは組み立てる作業のみのタルト教室です。

自分のは自分でつくる。隣の人のはさわらない。お話があるときは、手をあげて。マスクは鼻まで。

お一人様キット。マスカルポーネフィリング、タルト、桃。
自分のぶんだけ、作ります
あっという間に完成!子供たちも自分のお菓子がお店のケーキと同じになって大喜び。上手に出来た時の感動と達成感は、成長の宝物。
最近の子供たちは、ミントの使い方をよく知っていて、桃のタルトにちょんとのせるのも上手です。
自慢の作品を撮ってほしいと先生方もスマホ片手に大にぎわいでした。
私が作った見本。皆、上手にできたので見向きもしない。。

短時間で組み立てるだけの教室だったけど、皆、笑顔で喜んでくれたので本当に良かった。コロナの影響で制限がある毎日だけど除菌、手洗い、マスク、隣の人のはさわりません、などお約束きちんと守って一部の大人よりもちゃんとしてる。すばらしい~

去年より成長した子供たち。お兄ちゃんお姉ちゃんになって低学年の面倒を見たり、年齢差がある児童教室は、色んな経験ができていいなと思いました。先生方は大変だけど、子供たちの満面の笑顔を見ると、ほんとに元気をもらえてがんばれると感じます。子供の笑顔ってすごい。私もすごく元気もらえました。今回は2講座を開催して1時間ずつ。あっという間に終わってしまい、、少しでも記憶に残る夏のおいしい思い出ができたな~と思うのでした。

最後の先生への質問コーナーではやはり、子供。低学年講座では「せんせい、靴のサイズ何センチですか?」「きょうだいはいますか?」「名前は?」どんな返事をしても反応してくれるのですごい楽しかったです(笑)一番難しい質問は「なぜ、この仕事をしようと思ったんですか?」と。ふむ。。。

しばらく考えてしまったけど。わたしは子供のころから祖母や母、または父までがおやつ、料理を作ってくれて、何歳になっても家に帰ると手作りのおやつがある。今でもある(笑)。一緒に作ることもあり今でもその記憶ははっきり覚えている。作ること、食べること、そしてそのまわりを囲む笑顔。それが何歳になっても飽きない。だから仕事にしてみたよ。だから、楽しいこと、うれしいことはたくさん経験してね。と簡単に話しました。たまに好きなことを仕事にしたら、嫌いになるんじゃない?という人もいるけど、それは人それぞれ。しんどくない?という人もいるけど、仕事は何をしてもしんどいもんです。それをがんばるから、達成感を通してもっと好きになったり、ひとまわり成長したりする。わたしも何度もやめようと思ったときはある。でも今回のコロナ感染通して辞めるときはタイミングがくるだろうと感じたのでやめることを諦めました。

来年の夏は、どうなってるかな~。。。

そして、早くもクリスマスケーキの予約するからね~宣言が入り、胃が痛くなる私でした。。

オレンジと紅茶のケーキ

日新コミュニティセンターにてお菓子教室でした。今年のおすすめスイーツ。たまたま、予備で余ったのを仕事で忙しくしている友達にあげると、大喜びされて職場の差し入れにしたいからと、オーダーをいただいた。人によって大ハマりするスイーツ。私もその一人(笑)

今年のカントリーフェスタで販売した時も、わざわざ感想を言ってくれた人もいたが統計によると私と同じ年代にハマり味となったようだ。。

さて、試食。バニラアイスにシナモンとオレンジ果肉シロップ漬けを一緒に。スパイシー&甘ずっぱいが絶妙です。
お土産用に。焼きたてにオレンジシロップをひたひたに。
珈琲たっぷりでいただきます。

暑い季節に重いケーキになるかと思ったけど、ここまで暑いと疲れてしまい甘いしっかりしたスイーツがちょうどいい。冷たいスイーツもいいけど、冷やすと糖質の甘味がとぶので冷んやりスイーツは想像をこえる砂糖が入っている。一度常温で食べてみるとよく分かる。それならパウンドケーキなどを食べたほうがよほど良い、と思う。飲み物はストレートで。

コロナがどうかわからないけど、、ワクチンもまだだけど。。今年の秋冬は通常教室ができる、、と期待したい。皆でクリスマス教室ができますように。。

フルーツタルト

今月のスイーツ教室はフルーツタルト フレッシュフルーツのせでなく、焼きこむタルト。オレンジとグループフルーツ二種類。さ

試食はバラとタルトと紅茶。夏のバラは日持ちが短いのできれいなうちに一緒にテーブルへ。

焼きたて熱々も美味しい。焼きプリンも焼きたてが結構好きである。
試食写真はこんな感じ。冷蔵庫で冷やして3日は日持ちします。バターがしっかり入ったクッキータルト生地なので冷やすとかっちり固まってもさもさになりにくいです。ほろ苦さグレープフルーツとクッキータルト生地の甘さがいい感じです。

さて、いよいよ暑くなってしまった。。梅雨あけが遅かったので、我が家の欅に住むセミも遅かった。一つ鳴いたら、そのうち静かになっての繰り返しが、、最近になって大合唱になっている。やはり夏はちゃんとやってくる、、と実感。。

先日、気持ちいい夕方に景色がよかったので写真をとると、

田んぼにおたまじゃくしが、うじゃうじゃと。。ひえー!これは全部カエルになるやつ。今年の夏もうるさくなりそうだ。だけど、シラサギは道を横断して散歩してたし平和な田舎暮らしに感謝である。

だけど、暑い。。

バナナシフォンケーキ

月曜日、日新コミュニティセンターでバナナシフォン教室を開催しました。冬以来の久しぶり教室です。でもセンターに到着する顔なじみの皆さんと会うと久しぶりだけど、すっとなじめる雰囲気に溶け込みます。わたしも落ちついて(落ち着くすぎるけど)教室できるので安心。除菌、換気をしながら定期的に手洗いと除菌をしながらの作業です。

さて、バナナ話。バナナは上下3cmを切り落として食べるのがたっぷり使った農薬を回避する方法です。人体に影響するほどではないけど、バナナは日本においてかなりの消費量です。みんなバナナ大好き。なので、有機栽培バナナを買うことをおすすめします。安全安心で上下を切り落とさずまるごと食べれます。味も安定しておいしい。そして緑のカエルマーク、レインフォレストアライアンス認証がついているのでバナナを買うことで前向きにバナナ農園の支援につながります。未来につながる持続可能な自然維持に参加できるので、バナナ一つ買うことで未来のバナナを守れます。大事です。

自然環境と動物が好きなので、いつもそういうことを考えています。

いきなり試食写真。いつもたっぷりコーヒーを用意してくれるので、試食時間が待ち遠しい。焼き時間の間は質問を聞いたり試食したり、他事に話が盛り上がったり。ほっと一息するひとときです。おいしかった。。

ラッピング。毎回ラッピングに頭を悩まし、意外と前日に決めることが多いです。追い込まれてアイデアを絞りだすタイプ。毎回セリアを2,3店舗パトロール。なぜかというと、お店によってレイアウトが違うので視界に入る商品のイメージと用途が変わるのと、品切れ具合が全く違うのでアイデアをいただくきっかけが変わってくる。不思議なものです。。今はイベントシーズンじゃないのでどうしようかなーと思いながらぶらぶらして、最初は、かわいいヘアゴムをラッピング代わりに使おうかと思ったが、かわいすぎて、、ピンとこない。そして、最近、お花が庭や家の中で過ごす時間を癒してくれるので「花だ!」と決めて今回に至る。小さいお花の下はハリガネなのでちょっとしたプレゼントにもリボンでなくお花ハリガネでくるくる巻くととてもかわいい。冷やしていただくのをおすすめします。

日新コミュニティセンターの教室は残り4回。次回は7月26日月曜日オレンジと紅茶のケーキです。コロナ感染予防のため予定が変更になる可能性もありますが、無事に開催できますように。。

レモンのマフィン

レモンとポピーシードを使ったマフィン。冷やしてもおいしいくいただける。ほおばるごとにレモンのさわやかさが広がり、ポピーシードのプチプチ感が楽しいおやつ。見た目にわかりにくいけど結構なポピーシード存在感です。

よつばのチーズアイスを添えて、レモンはちみつ漬けをシロップごとたっぷりかけていただくと驚きのおいしさです。チーズとレモンは相性がいいのはもちろんだけど、レアチーズケーキのようなおいしさでした。バニラアイスでもレモンはちみつ漬けをかけていただくとおいしいに違いないと思います。夏の暑いのは苦手だけど、暑いとレモンのおいしさがより一層体感できる。季節おやつは、季節感が大事。。。

甘夏マーマレードは大量に作ったし、先月はオレンジと紅茶のケーキ、今月はレモンマフィン。来月はグレープフルーツのチーズケーキを作れたらと試作を考え中。暑いからこそ取り入れることができるアイテム柑橘類。だいぶ、暑さに体も慣れてきたのでぼちぼち夏を乗り切れるように食べてがんばらねば。