春のシフォンを何にしようかと考えていて、、結局ラズベリーにしました。抹茶とホワイトチョコのシフォンもおいしいけど抹茶はいいものを使用しないと味が極端に変わるので材料限定しないといけなし、レモンヨーグルトシフォンはちょっとまだ早いし、、よもぎもなんだかなと思ったりしつつ桜シフォンも普通だし。。結局ピンクラズベリーに。去年のベリーシフォンは、イチゴとラズベリーをミックスしてペーストにしたけど、今回はまるごと入っています。そしてメレンゲも固めにするためにコーンスターチを少々入れています。今までと違った作り方で仕上げるシフォンなのです。まるごとラズベリーなので、時々、ぽっかり穴があきますがそれも味わいです。そしてクリームはラズベリーピュレを作って生クリームと。イチゴとは違って酸味がしっかりしているのでケーキとよくあいます、なんといってもかわいい。

写真を撮ったあとの試食。ラズベリーが生地のどこに入っているかわからないしいい感じの断面を探したいので、、色んなところをスライスし、ラズベリーが全然見えないところは使えない大きすぎると穴が開いてるしと分解に分解しての撮影(笑)

撮影後の使えない残ったシフォンは見るも無残な姿(笑)シンプルなシフォン以外の写真をとるときは、実は悲惨なシフォンのバラバラ分解があるのです。ま、残った切り刻みシフォンはもちろんいただくので、シフォン、クリーム、ラズベリピュレ、ラズベリーをモリモリにのせて、どんぶりご飯のように何の遠慮もなく食べる。でもこれが一番おいしい食べ方のような気がします。。。イチゴとは違う酸味でおいしかった。ほぼ噛まずに飲める(笑)

なんやかんやでもう四月。3月は季節の変わり目で毎年体調を崩したり肩凝りが異常にひどかったり風邪をひいたりしていたけど今年のコロナ流行のおかげで手洗いうがい、色々とにかく気をつけて元気にすごさなければと思っていたせいか、元気に過ごしきった。やはり病は気からなのか。。。姉の口癖である「あんたは普段から気合がなってない。病は気からっていうやろ!!!」正解だ。

四月の金毘羅歌舞伎も中止になった。実は毎年歌舞伎のお練りを見にいくのだが、毎年寒くて、さらに大混雑とテンションが上がりすぎるのとで毎回ちょっとした体調崩しでぐったりしていた(笑)今年は何もないので気合を入れて無事に元気な㋃をすごせそうです。