突然の落語へのお誘い

日曜の夜に友達から
月曜の夜あいてる?と聞かれたので、大丈夫だけど?と答えると
「ほんと!?じゃ6時から岡山で落語のチケットあるからいかない?
出発は4時とか4時半には出たい~」
え?夜あいてる?って聞いたよね?それ、夕方っていうんじゃないの?
て、岡山までいく?
いやいや、それはちょっとした大事ですけど、気軽に誘いましたね?
私はその日仕事で5時半くらいしか戻れないんだけどと伝えると
なんとかならないのー!?と言われ。
こういう時、自営で仕事をしているとなんとかなるやろという扱いをされる。
誘った友達も自営業だけど。。
えー・・・・・もう。。。
そして共通の年上の友だちもさそい、ぎりぎりの5時に帰るのが限界!と伝え、
家の前でスタンバイしてるね♪と。。
そして、月曜、急いで色んな仕事を片付けて友達の車に乗り込み一気に岡山までいくよー!
と、出たものの、
「あ!岡山線に乗りそびれた!」え・・・
と善通寺まで行ってUターンしての瀬戸大橋。。
「ただでさえ、ギリギリなのに~・・・」とぼやきながらも、久しぶりの瀬戸大橋に
私と友達は騒ぐ騒ぐ。
しかし海が見えなくなると、一気にテンションもさがり、しー・・・ん。
岡山に上陸するも本土ならではの渋滞。すごい渋滞だけどどこにむかってるんだろうね、と
話をすると
「この道は、まっすぐ行くと、、、、東京までいけるのよ!」
「そっか。本土だものね。そりゃ混むわ(妙に全員納得)」
「ところで、駐車場がないから近くで探さないといけないから、駐車したら路面電車で
移動するわね」
高松のイメージだと駐車場にとめて、そこから電車?で、歩き?となると
なんて遠いんだ。大移動じゃないかと思うけど
まー岡山の移動の便利なこと。
駐車はなんとかできてちょっと歩くとすぐ路面電車駅、数秒待つとすぐ電車。
ひと駅だったけど、1分も乗らずに到着、え?もう?
そして駅からもすぐホール。
便利・・・・
そして、落語。前座もいれて2時間半があっというま!
ほんとにおもしろかった。ラジオで落語はきくものの生は楽しい~
地元ネタもいじりつつのトークからはじまりいつのまにかお題に。。
お決まりの蕎麦の食べ方、御汁のすすり方!びっくり。景色が見えるほどの表現力に
自分も登場人物になった気分で手に汗にぎるシーンも。
落語ってすごい。
楽しかったね~と話つつ
「やっぱり麺が食べたいよね。」と全員同じ意見。
落語であんなにおいしそうにお蕎麦食べられたら帰りは麺でしょ~~!
と、駅から駐車場まで歩いてると「ちょっと!!ここ!何?よさげじゃない?
まって!吉田類きてる!石ちゃんも!この店にしよー!」
躊躇なく入り、ほぼメニュー見ず「ラーメン三つね」

このラーメンがおいしくて。
「ほんとに、香川のラーメンっておいしいとこないってのが分かるひとときやね」
「帰ったら、また忘れるんやけどね」
ずいずいとラーメンを吸い込みつつ、
ここの店主、外国人。メニューをみるとサモサとシンガラがあり、
シンガラを頼んだ。(サモサ売り切れ)
カレースパイス風味のじゃがいもを塩味パイ生地に包んで揚げたもの。
スパイシーたれにつけながらいただく。
「うまい!辛い!顔が暑い!」はー・・・勢いで入ったけどおいしかった。
そして帰る。
車のなかで聞いた落語ネタをもとに話広がり終わることない。
夜の数時間に岡山までいって落語聞いてご飯食べて速攻帰る。
「瀬戸大橋のおかげやね」
そして、
どっと疲れが出て爆睡。
楽しんだあとの疲れが比例するようになってきた・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です