あこがれの食べ物

サヌキ乙女があこがれる食べ物は
「もんじゃ焼き」 と「ちくわぶ」。
今まで食べたことがありません。。
ワタシは高知と香川のハーフなので四国産はよく食べるけど、
お江戸のものは未知のもの。
ところが最近スーパーで「もんじゃ焼きの粉」をいうのを売っていて
先月 おもわず 買ってしまった。。
テレビで見たことあるので がんばって作ってみたけど・・
もんじゃは ・・・家で1人ごはんには向いてないということが分かりました・・
ん・・やっぱり  小麦粉がっつり食べたい。
で、
やっぱり 使わないまま ずーっと「もんじゃ粉」が残っていたので
こんなものを作りました。

「おから焼き」
やっぱり咀嚼できるがっつり焼きが合っているのかも~
もんじゃの粉に、おから、チーズ、そして昨日の晩ご飯「筑前煮」余りを
入れて、水。卵を加え柔らかい生地になるまで水分調整しながらよく混ぜる
THE 「筑前おから焼き」。
筑前煮の出汁もきいて、具材も柔らかいし、これまたチーズが合う。
うちの家には「もったいないおばけ」がいるので
晩ご飯の残りは次の日に アレンジ昼ごはんに変身して、
全部 平らげるようにしているのだ。
が!
この「筑前おから焼き」は ほんとにおいしくて、
このために もんじゃ粉を買おうかと思うくらい。
もんじゃの粉は サラサラしているので おからとなじみやすいのだ。
味がついているので ソースなしでOK。
もしくは ウスターソースちょろりで十分。
やっぱり、 
ハフハフお好み焼きが 性に合っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です