朝 目覚めると枕元にお菓子がひとつ置いてあった。
「???」
朝一番に目に入ったものが超ドアップでお菓子なんて、そうそう無い。
でも なんだかサンタクロースを待つ子供気分に一瞬もどった。
そう。今日は朝7時半には甥っ子三男が来る予定だったので
ヤツの仕業。
お菓子を持って キッチンへ行くと 
ヤツは和室で再び寝ていた。
なんやねん・・・
ま、いーや。
こっそり枕元にお菓子を置くなんてオツというもんだ。

みんなが寝ているなか、習慣の「ゴーヤバナナ豆乳牛乳ジュース」(名前長っ)を作る。
豆乳はもちろん無調整です。
いつもは緑ゴーヤのスライスを冷凍してジュースに使うけど、
こないだサラダゴーヤを店先で(無料ですコーナーで)いただいたので、生でジュースにしている。
しかし・・
物足りない・・・ゴーヤ好きとしては
「うあっ 苦っ」ていう後にくるバナナのまったり感が好きなのでなんとも朝から中途半端な仕上がりだった。
ゴーヤが苦手な人はぴったりなんだろな~
ぐびぐびゴーヤバナナジュースを飲んでいても甥っ子が起きてくる気配もなく。仕方がないので 朝からお菓子をいただく。ここんとこ疲れていたので朝起きて甘いものがほしいのだ・・・
だらだら朝ごはんを食べて 今日は宿題。
「人権」作文です。
・・・奥深いテーマにちょっとかまえるワタシ。
こないだも小学校の授業参観が「人権」だったので思わず真剣に聞いてしまったのだ。
ワタシは日本人だから人種差別はなかったけれど、
身分差別は日本の歴史では避けて通れない内容だ。
それに、現代社会においても出身校、出身地域を言うことに抵抗があったり、
その背景で相手の価値を判断したりすることも多く。。。
子供たちにとっても大事な内容だけに、周辺の大人たちの言動も大きな影響力がある。
むつかし~~・・
図書館で借りてきた本を二人で読んでいると
国内外差別の実状が赤裸々に書かれていて、 知らないところで こんなことが・・・
って内容の本もあった。
ためいきまじりに読み終えて、
「どうやって書くん?」
「どないしよか・・」
提出日は近いのに、
うまくまとめられないまま、今日も終わってしまった。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です