終わらない夏休み

今日 登校日だった甥っ子三男は、、
昨日まで宿題をしていた・・
そしてワタシも一緒に手伝っていたので姉んちに。
すると、、前日の夜遅くになって。
「あ、これとこれまだしてない」
えええええ!!??
い、いま?今になって?なぜ?
「気づかなかった」
そんなわけないやろ・・・
じゃ、これは 明日学校から帰ったら一緒にしましょ。
やれやれ・・「姉ちゃん、今日の任務は終わったから帰るわ」
「はい、お疲れさん」
やっと これからの朝は ゆっくりでき・・る・・
と思ったら今朝6時半に電話が。。
「荷物多すぎ。学校送って。」
片道50分の徒歩なので、たしかに大荷物すぎるけど、、
電話の背後から
「俺も おくってー」長男の声がする。もう学校が始まっている進学校の生徒は
夏休みも、ろくにないらしい。
まとめて送ります・・

7時半に姉の出勤車に乗って、わが家に到着する甥っ子。
手にはアルミに包んだ球体をひとつ。
「はい。かーさんから」

カツサンドだ。
これが今日の足代なのね。
今日は学校何時に終わるの?
「10時半」
ええ??!は、はやい。
もうちょっとゆっくりしてきたら~・・・といいそうになってしまった。
「そのあと、残りの宿題するから!夕方は塾行くし!」
ゆっくりする間もなく、学校から帰ってくる。がっくり・・

そして、帰ってさっそく宿題のオムレツを作る。
ま、いーだろ。一人で作ったんだもの。上出来です。
意外とオムレツつくりにハマったらしく、2回も作り、
「今度、かーさんに作ってあげよっ♪」ってニッコニコだった。
自分で作ったものは、おいしーよね。よかったわ。
週明けにまだ残っている宿題をひとつ片付けて、、、
これで本当に夏休みが終わるはず・・・
今年は楽勝の予定だったのに、なぜ こんなことに?
明日はレクザムでキッズマルシェにまぎれこんできます。
準備はほとんどできたので、明日 続きをちょっと仕上げて・・
しかし、
夏休みの妙な疲れが抜けきれない・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。