スイカの季節がついに!

大好きなスイカの季節。暑い日に叔父がもってきてくれました。やったー。三食のご飯よりも好きな夏のスイカ。一緒にキュウリとトマトも入っていていよいよ夏野菜たちの登場です。トマトはサラダで食べるほかに納豆に刻んだトマトを入れて食べるのが夏のおいしい組み合わせ。たくさんあるときは、冷凍して朝のジュースにします。それはまた真夏になってからのお楽しみ。

どーんと大きいスイカをもらって、まずはアニメのように大きく半月に切ってシャクシャクとかぶりつきます。そして、物足りないので追加で小さくカットしながら、何度もあと一切れ、あと一切れとパクパク食べ、もらった日は暑かったので夕方そのまま昼寝をして、夕方起きると「お腹が痛い。。」と典型的な食べすぎと冷えすぎのお腹ゆるみ。さすがにこの年になって、、反省しました。すると母も「スイカの食べすぎか、、お腹が痛いような気がするわ」と。食い意地が張っていると年齢関係なくいつまでも同じことを繰りかえす。

食い意地がすごいと言えば、最近、みたらし団子が食べたくなったので帰りにお団子屋さんでみたらし団子を買って帰ると「今日、お団子作ったから冷蔵庫にあるよ」と母に言われ、え?!。急にお団子だらけ。。きなこ団子だったのでよかったけど。。

また、ある時は、昼ごはんは野菜たっぷりの焼きそばにして半パ野菜を片付けようと思ったら、外出していた母が「焼きそばがおいしいと人気のお店のをもらったから」と、焼きそば祭りになってしまった。

昔も、甥っ子次男が学生のとき我が家にパソコンを借りに来るときに、「あの子が好きなみたらし団子を買っておこう~」と思ったら、自分で学校帰りにみたらし団子をスーパーで買って我が家に来た。みたらし祭り。。

おそらくどの家庭でもあるあるだと思うけど、家族がひとり「あれ、食べたいな~買って帰ろうかな~」とか、晩ご飯はあれがいいな~と思うとテレパシーが連動するのか家族の誰かが同じ行動をとっていることがある。波長が合う証拠だ。それが友達でも波長が合うがどうかのラインになるのではないかと思う。基本、食べ物になってしまうが、食が合わない人とは、仲よくは難しい。

今年も「スイカはまだかなー」と待っていたのでスイカがやってきました(笑)無事に大きくなってひと安心です。ありがたや。これで夏を乗り切れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。