ワタシはお菓子の材料の一部を「そらパン」で一緒に仕入れてもらっている。
なので、
休憩がてら、ドライブついで
そらパンオーナーとおしゃべり目的もあり仕入れにいっている。
あわてて行ったけど、ちゃっかりパンを食べて帰る。
何にしよーかなーと迷っていると
「これ!これ食べて!」
とすすめられたのが、

このパン。見た目どってことないんだけど、善通寺に詳しい方ならわかるはず。
そう、これは、、、昔懐かしい善通寺のパン屋ふたばのリメイクである。
今は、もう閉店しているけど
私が学生のころはよく買っていて、ほんとにどってことないシンプルなパンなんだけど
いつも争奪戦なのだ。
数年前も、西に行くついでにわざわざ買ったもんだ。
ぼうしパン生地にクリームをはさんでるだけなんだけど、
塩味のクリームと甘い生地のパンがなんともそそる。
「これだ!これ!おいしーなー!」
と大声で叫んでみたらば、ソラパンオーナーに
「このパンに感動しておいしいゆうんは、ある一定に年齢の人だけやで」
え?
最近の子供たちとか、若い人は普通に「おいしいな」っていうくらいで
「んまっ!これよーこの味よ!」
ていわんし。
あ、そう。。たしかにね。学生フィーバーしていたこのパンは
ほんの20年前の味だもんね。最近の子は産まれてないし。
するとオーナーが
「別名、ぞうりむしパンっていうねん」
きゃー!やめて!
似てる。
と言いつつもしゃもしゃ食べたけど、
はーおいしかった。
ここんとこ、というか40になってから食が元にもどりつつあるというか
昔のシンプルな食べ物に心身がおちつくようになってきた。
いいものは、ゴテゴテしないってことかなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です