だいすきないり番茶。
京都一保堂のお茶です。
京番茶は一般の番茶とちがって新茶を蒸してから炒っているので
カフェイン、タンニンも少なく小さなお子様から年配の方まで
日常楽しむお茶です。
なんともスモーキーなにおいがたまらなくそそるので、大好きないり番茶。
しかも、安い!
いま、三越の京都展に一保堂さんがきているので茎ほうじと一緒に
母に買ってきてもらいました。
いり番茶はにおいが強く、苦手な人には嫌なにおいになるらしく
店頭にはだしてないことが多いのです。
なので
「いり番茶ある?」
と店員さんに聞いてからつめてもらう。これ、いり番茶の正しい買い方です。
今は、体調をくずしてからルイボスとごぼう茶をメインに飲んでいるんだけど
昨日からは、、いり番茶と茎ほうじ茶に変更。
そして、まちにまったおぜんざい!
この日のために鏡餅を3か所。ちょっと大きめを買ったといってもよい。
小豆を前日から用意して、鏡餅は夜中に神棚、お仏壇、玄関から集め、
いよいよ本日おぜんざい日和。
ま、年中ぜんざいを作っているんだけど、やはり鏡餅でいただくのは
ちょっとキブンが上がる♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です