酒祭りに向かう人たち

連休は広島へ酒まつりにいってきました!
京都の伏見、神戸灘、広島西条は日本三大酒蔵があります。
そして、広島西条は町の一部が状態となり、酒蔵も開放されます
独特の風合いの壁、赤いレンガのながーい煙突、昔の風情のそのままの
町並み、、、、
などひたるどころではなく、街はもうそりゃ大騒ぎさ!な状態でした。
酒まつりなので、そのあたりいくとこいくとこで、お酒の試飲やふるまいがあって
みんな、お酒を歩き飲みしながら町をぶーらぶら。
なのでみんな陽気。ジュースを飲むかのごとく、片手にお酒、片手に買い物袋。
なんてステキな光景!
日本酒をはじめ、カクテルにビール。試飲は300~500円で吟醸から
純米大吟醸までところかまわずあります。そしておいしいったらない!
いいお酒なので悪酔いもしないし、どんどん飲める。
もちろん、警察はそのあたり一帯にいます・・・
お酒をはじめお酒アイス、お酒スイーツに、フリマに地元食コーナー。
もちろん「あてコーナー」もあり、国内外のあてが目白押。
あてもかわればお酒もかわる。お酒がかわればあても変わるで、エンドレスです
わたしはお酒は強いほうじゃないけど、ずっとちびちび飲めました。
酒蔵を堪能したあと町をぶらぶらして酒まつり会場へ。
そして行く道中も屋台がずらり!日本酒ラーメンからケバブまで、
子どもが飽きないようにスーパーボールすくいやクジもあり、
道中でもなんど後ろ髪をひかれたことか。。
ゆうわくに打ち勝ち会場へ。
開場は大きな公園です。そこに全国約1000種のお酒が飲み放題。入場料は1500円。
もちろん全国のあてあり。
おちょこを渡され、好きな県へ並びいただく。
パンフをみながら並ぶけど、すでになくなくっているものもあり、、
石川の菊姫と福井の大吟醸はすでに完売。。。
岐阜と、福井、岡山を飲み、一緒にいった姉と甥の味もくらべ
「どれもぜんっぜん違う!」とすごく楽しめました。
開場内は国内外の人たち、学生はすでに宴会状態。昼間っから真赤な顔で
大賑わいなんて、平和だ。
日本酒ソムリエになる気持ちが分かる…とひそかに思った。
最後のお酒スムージーを飲んだ。
酒まつりだけでほぼ1万歩歩いたので、それほど大きな祭りということだ。
高松まつりの1000倍くらい。
広島の甥っ子が夏に帰省したときに、「たかまつまつりは行く?」と聞いても
「たかまつまつりぃ?行く気にならん何しに?」と行っていたのがすごく分かる。。。
ふたたびおみやげを買いに酒蔵通りにもどり、ぶらぶらして買い物をしたが、
歩いて、甥っこのアパートに帰るにも「重い!お酒って重い!」
さらに途中で人気のケーキ屋でケーキを買い、ふらふらで家についた。
日本酒をねりこんだうどん
お酒3本。
日本酒たると、パウンドを買った。
10月第二土曜、日曜は毎年開催の酒まつり。いつも連休になるのかな。
これは、絶対におすすめのまつりだ。

どこへ行っても

人人人

会場で渡されるおちょこ

昼からこんなに

日本酒スムージー

今も使われている酒蔵の煙突

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です