野球が終わり、
とくに目立った叔母活もなくなり
ほぼ、隠居気分の人生になっていたが
何かと用事が増える・・
野球がなくなったので結局次は、塾の送迎が増え、
ロスになったことも忘れるほど
甥っ子長男は毎週実家に帰ってくる
毎週県外研修が数日あるので、実家のほうが帰る距離が近いようだ
おまけに実家に帰ると洗濯、食事つき。
さらに、次男においては、シフト制の仕事なので、そんなに帰ってくることはないだろうと、
姉もいろんな意味で肩の荷がおりたような日々だったが、
結局、数か月に一度1週間の休みがたまるらしく、次男は2,3か月に一度1週間
実家に帰ってくる。。
そして三食昼寝つきのニートウィークに浸る。
三男といえば、学生のころより兄貴が家にずんやりいるので
ゲーム三昧だし、各自車があるので一緒にぶらり近所に外出できるし
兄貴に勉強は見てもらえるしで、なにやら充実している。。。
「今週末、次男かえってくるって」と姉から連絡がきても
「え?なんで?」
「え?また?」
「何か用事でもあるん?」
長男は毎週ほぼ帰ってくるので
「ふーん。そうなんや。」
と、なんの感動もなくなってしまった
人の気持ちなんて浅い。。。
さて、 社会人になると性格も変わるようで
次男は休みの間、自分の買い物ついでに
今まで野球しかしてない三男にどっさり服と靴を買ってきた。
今までは部活しかしてないから私服がほとんどなく
塾に通うにあたり私服がないと、姉が次男にぼやいていたのを聞いて
どっさり買ってきたらしい。ついでにドーナツまで。
次男は、
自分も野球をしていたから大会が終わったあと私服がない経験をしているからだろうか。。
学校から帰宅した三男は服を見るなり大喜び、
「かーさんありがとう!」
「いや、それ全部、にーちゃんから」
「・・えっ!?まじ。。」
「ドーナツあるやん!こればーちゃんから?」
「いや、それもにーちゃんが」
「・・え!まじで・・」
野生のイノシシみたいだった次男も社会人になって進化しました。
学生で県外に行くのと、社会人で県外に出るのは違うんだなーとしみじみ。
しかし、三兄弟皆、どこへ行ってもお土産をどっさり買ったり、
出かけた先でちょとしたお菓子を買ってくるのは、環境の影響だろうか。
私も、母も姉も、やたらどこか行ったらお菓子やアイス、ドーナツになんやかんやと
お土産を買う。自然にそういうのは覚えるもんなのだろうか。。
ま、こんなに皆が集まるのもあと数年だと思うので、
「また、帰ってくるん?」と冷たく言わず、今を楽しみたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です