賛否両論の森上のどらやき。
なんだかんだ文句を言う割によく知っているということは
それだけ知名度があるってことだろうか。。
あふれだす餡のどらやきを個人的には好きで
意外と一個かるくいける。
そんな森上のどらやきをいただいたので、
やった~と箱をパカっとあけると、、そこには、、、
装いも新たに、、、
生クリームと苺のどら焼きだった。。。
あ。。違う
もしかしたら、餡と生クリームの生どら風なのかも!と
餡に期待をよせて半分から切ってみると
生クリームしかなかった。。。。
完全に、洋物。
期待外れと裏切られてしまった切なさに、、気落ちしながらも
気持と胃袋がどら焼きになっていたので、、食べることに。
「あ、おいしい」
結局、生地がおいしいので何をはさんでもおいしいってことか、、
と、1個軽くたべて、2個はいけるな、と余裕に浸る。
でもやっぱり、小豆が食べたかったと最後まで未練をたちきれない私だった。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です