かねすえの50周年にいってきました!
ふるまい餅の記念品をいただき、半額のわらび餅をかって
さらに、お接待まであり、さすが、、、かねすえ。。のおどろき。
お接待にはおぜんさい、だんご、甘酒、珈琲、上用まんじゅうがあり
まよわずまんじゅう。
かねすえだもの。
お買い物によっては抽選会もあり、豪華な賞品が山のようにありました
さすがー。。。
昼から用事があったのでちょうどよかった。
じつのところ、かねすえのわらび餅もおいしいけど、
かまどの本わらび餅が一番好き。なんたって期間限定夏のみですから。
朝からご機嫌です

さて、昼からの用事というのは、国際交流会が開催する
世界のお菓子をつくろう教室に参加してきました。
海外好き、アジア好き。
しかも先生は国際交流のハジン先生。若くてかわいい先生です。
アイパル香川でいろんな教室を開催してくれています。
内容は、ホットクとスジョングァ
スジョングァはもともと王室の飲み物でとっても貴重な飲み物。
作ると納得。ショウガとスティックシナモンをそれぞれにがんがんに煮込んでから
二つの煮汁をあわせて黒糖を入れて飲む、ちょっとピリリ感のある飲み物。
ショウガ、ニッキは漢方で貴重なものだったので昔の生薬としては
王宮にしかなかったのかも。ここに、くるみを干し柿でまいたものを入れて
甘さを調整したり、干し柿をつぶして一緒に飲んだりするようです。
んー。贅沢。普段では4リットルほどつくって飲むらしく、今の時代でも
お盆やお正月、お客様がくるときに作る飲み物だそうで、シナモンは皮ごと
ニッキのべらりと大きな皮ごと煮込むそうな。シナモン好きにはうらやましい。。
そして、この飲み物、ほんとにおいしかったので教室で再現します。
ホットクはモチモチした生地にとろけた黒糖とクルミが入っていて
寒い冬の韓国定番屋台おやつ!アッツアツをハフハフしながらさらにアツアツの
黒蜜がとろーりしてなんともおいしいオヤツ。
韓国にいったときは必ず食べたいおやつです。
冬の韓国は極寒だけど、それゆえに屋台のおやつは絶品です。
なれない日本人は口まわりと手をベタベタにしてしまうので、ワタシも友達と
すぐにコンビニのお手洗いで手を洗いに行きました。。。思い出のおやつ。

そして、おやつのホットク!
この生地、イーストが入って発酵した生地を焼いたもの。
意外です。
たっぷりの黒糖とくるみを包んで油で焼くだけ。
おいしかったー!懐かしい味。
試食しながら先生の韓国食文化のお話をきいてますます楽しかったです。11月末から
韓国でがキムチ作りがはじまるそうで、一年分を作るらしい。
白菜の数80個!ひえー!
キムチ専用の冷蔵庫に1年保存するから腐らないみたい。
先生によると、おいしいキムチもおいしい焼肉や、おやつはどの店ですかって
聞かれたら、絶対、家!だそうで。
母のつくるキムチは絶品!でわたしが作るホットクもおいしい!って。
スープもおいしい!って。
ちょっとうらやましい感じです。家族を大事にする儒教の韓国らしいというのか。
日本で「おいしい和食はどこですか」ときかれて「わたしんちだよ!」って
言えるかどうか。。。
イベントでフランスの人と話したときも、母親のキッシュが最高にうまい!って言ってたしなー。
そんな自信満々で母の料理が一番!て自慢できる日本の食卓になりたいもんです。

韓国風に器でスジョングァをいただく。

秋ごはん教室は、
きのこホワイトカレー
かぼちゃいとこ二
小松菜と甘酒のおひたし
鮭バーグ
豆乳レアチーズ
でした。
ホワイトカレーはなんで辛いんだろうって
ふしぎに思っていたもんですが、
実は白い辛いものを入れると辛くなるのです。
ショウガ、ガラムマサラ(色ほど食物に影響なし)
白こしょう、トウガラシの種。
ポイントはトウガラシの種です。これで辛さが引き立ちます
ガラムマサラはあまり使わない家庭もあるかもしれないけど
じつはとっても重宝するスパイスで、
色ほどスパイスがきつくないのです。
なので、シーチキンサラダや炒めもの隠し味、
お汁ものにパパッと加えるだけで風味がぐっとUP!
カレー粉だと、いかにもカレ―味になるけどガラムだと
ほんのりカレー風味になるので大好きなスパイスです。
クミンほどきつくないです。
個人的にはシーチキンサラダに加えるのが一番好きで
これをトーストサンドにするのが大好物です。何個でも食べれそう!
そして、いとこ煮。
親子丼みたいなイメージだけどいとこ煮とは
食材を「めいめい」炊いて
順番に「おいおい」煮込んでいくから
「いとこ煮」です。
東北のほうからきてると思う。
なんともかわいい煮込みです。ほんとは小豆を豆から炊くので
めいめい炊いて、おいおい煮込まないとかぼちゃが煮くすれるからです。
鮭バーグは、鮭のにおいを消すために、セロリとごぼうが入ってます。
サンドイッチにもおすすめ。
小松菜おひたしは、今回甘酒で一緒に蒸し煮にしてみました。
再び麹生活に入ろうと思い、またいろいろ作ってみることに。
ヨーグルトメーカーを使うと6時間で塩麹としょうゆ麹ができるもんだから
麹生活に入るにこしたことはない!と思い復活です。
寒くなるし塩麹コーンスープも復活しようかなーと思った矢先、
あったかい日となり、なんだかなーな感じですが。
来月はいよいよクリスマス満喫月間
今年も作ります。クリスマスケーキ。
チョコと生クリーム2種類です。
いつもギリギリの案内ですが。もう少々お待ちを。

週末はそらパンへ。
長く入院していた共通の友だちが退院したので
「そらパンが食べたい!」ということで食材仕入れもかねて。
そらパンのパンはハード系ではないので
やさしい味。バゲットはある。
ハード系のパンも好きだけど毎日食べたいとは思わないし
食べるのにキブンがのらない時もある。
だけど、そらパンのパンは毎日食べれるのだ。
おいしいものってそういうことなのかもしれない。
普通のでいいのだ。
そして、いつものロールパンサンド。
タマネギたっぷりスープにサラダ、大好きなロールパンと珈琲。
たわいもない会話。
満喫しました。
ホムペもクリスマス仕様にしたし。
トップの赤いところにカーソルをおくと金色の星たちが流れます。
ちょっと子供キブンにもどって楽しんでください。

12日はいつもの茜町グリュック教室。
去年の11月ごろにはじめて香西のグリュックショールームへ足を運んだような。
あれから一年です。
早いなー1月に茜町のグリュックリノベショールームができるからと聞いて
教室がはじまり、夏にはイベントをして、あっというまに1年。
来月はクリスマス料理ができるようにしたいです。
そして、今回はお菓子がちょっと手間がかかるのでご飯は簡単なものに。
さつまいもと黒豆のケーキ。バターでなくオイルで仕上げているので
ふわふわです。秋ならではのやさしいサツマイモは黒糖で下味をつけてから
生地に加えています。
ご飯は、トマト、厚揚げのカッテージグラタン。
ミートソースと一緒に焼くだけなのにちょっとしたごちそうご飯。
この一品でおなかパンパンです。
来月は10日㈭。
ついに!カルディラータをします。
魚介をトマトで煮こんでひたしパンでいただくクリスマス料理。
12月はほんとに食べ過ぎと作りすぎに注意!

11日はお天気のなか、
山一木材さんでリース&ランチ教室!
暑いくらいのなかで開催となり、ほんとによかった。
山のなかで自分たちでリースの材料を集めて作るリース教室。
事前に用意してくれてた材料もあってほんとに豪華なリース、
かわいいリースが出来上がってました。
そして、お昼はシュリンプクリオール。
なにかにつけて便利なシュリンプクリオール。
さらさらと食べることができてエビもモリモリ。
外で食べるご飯は格別です。

わたしが作ったリース。
この秋、、なにかとワークショップ参加が多い。
次男学祭のレジン、長男学祭のキャンドルつくり、そしてリース。
この経験をとおしてわかったことは。
向いてない。
このリース、左のは15~20分くらいで右のは数分で出来上がり。
一緒に作ったMちゃんは1時間くらいかけて大作をつくり、
おおおーーーー♪な感じだったのに対し。わたしはちゃちゃりと仕上げて、はい、おしまい。
自分にクラフトセンスがないのを知っているので
手をかけてはいけない。。。ヘタだから。。はぁ。
センスって大事。
でも家に持って帰ると一個しかないから比べるものもなく
なんだかかわいく見える。比較されながら育ってきたワタシにとって
対照ブツがないってうれしい。

そしていつものクスパコラボのサンプル和光堂ミルクティ。
小さなお子様と参加の方もいらしてたので
カフェインレス紅茶を使ったミルクテイということでとっても喜んでいた。
この冬活躍しそうなミルクティです。