今月の料理教室。
今日は、ちゃんと写真がとれました。よかった。
*長芋とあさりの炊き込みご飯
*さつまいも豚巻き
*長芋と豚肉、福神漬けのレンジ蒸し
*基本の豚汁
*さつまいもぷりん
今月のテーマは冷えとりご飯。
冷えとりといっても、、ショウガ、長ネギをいただくのも
最近は定番となり、ふだん使いできるようになってきた。
なので、今月は、
根菜や、豚肉をつかって、しっかり栄養摂取。
冬の野菜は体をひやさないので、根菜をしっかりとるのも大事。
豚肉、野菜をしっかりとって、貧血予防をすることで元気な血をつくり、
すみずみまで栄養がゆきとどく体つくりをします。
貧血は、万病のもと。
美人薄命なんて、もう死語。
しっかり食べて、図太く健康で長生きしましょう~♪

で、これ。
うちのハートオリーブちゃん。
オリーブはあるけど、ワタシは実にしか興味なかったので、
葉っぱは、ただの観賞用だった。
今日の帰りに
「先生!これ!先割れハートオリーブですよ!」
へ?なんのこっちゃ。
あら、ほんと。
ハートオリーブをラミして、しおりにまでなっているとか。。
知らんかった。。よく見ると一枚しかなかった。
貴重なのね~。。
これから、よく観察するようにします。
食用のことしか頭にないもんで・・・・

レモンです!
やっぱり、ワタシには食ネタだ。
このシーズンからはじまるレモン生活。
寒い季節に飲む、フレッシュレモネードのおいしいこと!
さらにはさつま芋のレモン煮は、芋の甘さとレモンの酸味が
絶妙においしい。しかしながら、無農薬レモンじゃないと
皮ごと煮込むので、この季節まさに作るチャンス!
さつま芋がね~・・・余るのよ~。。
と、お困りの方にはおすすめです。♪
~さつま芋のレモン煮~
材料 4人分
さつま芋 中1本(約250g) 
レモン1個 砂糖 大さじ2 
水 塩 少々
作り方
①さつま芋の皮を縞目にむいて、2cmほどの厚さの輪切りにしたあと
、水にさらしあくを抜く。
 レモンは3㎜程度の厚さの輪切りにする。
②鍋にさつまいもを入れ、かぶるくらいの水を加えて火にかける。
⑤さつま芋に竹串が通る程度になったら砂糖、レモンを加え、砂糖を溶かし、
 弱火で3~4分煮る。
 火を止めて、余熱で味をしみこませる。
コツは、レモンを入れてから煮込みすぎないこと!
余熱でじんわり風味をしみこませるのが大事です。
一晩おくとよりいっそうおいしい。
寒いのはイヤだけど、この季節ならではの食の楽しみがあるので
こうやって、冬を乗り越えるのが 一番いいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です