「最近、毎日 かじつす を飲んでるの」
友達にそう言ったらば
「え?なんだって?」
「かじつすのんでるの」
「えええ?それを言うなら かじつしゅ でしょ。」
「ちがうよ。かじつす」
「わかったわかった、果実酒ね」
「違うって!果実酢だよ!フルーツビネガーだってば!」
お互いが理解するまで数分かかってしまった。
結局「フルーツビネガー」ってことですんなり会話が成立。
そんなに活舌が悪いのか。。。

て、ことで飲んでいるのがブルーベリー酢。
はぁー。すっきりするー。
ウチのオーブンレンジには
「フルーツDe酢」
と、いう画期的なのか、ふざけているのか!と思われるキーがある。
実はこのフルーツde酢キーがほしくて今のオーブンに決めたのだ。
この不思議なキーは、なんと!レンジ低温で半分くらい氷砂糖をあたためて
数分で果実酢ができる。
出来立てを飲んでもイケる。
便利なのだ。
おかげで梅雨から秋までビネガーをかかさないワタシである。
とりあえず、朝にかるくひっかけて、
夜寝る前にもちょいと飲む。
少量飲むのがすきなので、まるで養命酒のようだが。。
ある意味、ワタシにとって、養命酒だ。
いや、養命酢だ。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。