うどん教室

わたしは、子供のころから家でうどんを作ってたし、
休みの日は、祖母に「うどんふんどいて」ってよく足で踏みふみするのが
普通だった。
その間にだしを作ったりしてくれていた。
もちろん、うどん台に、のばし棒、ずんどうナベもあった。
さぬきの昔を絵にかいたような光景だけど、うちはそれが当たり前だった。
田舎ってことなんだけど。。
が、最近、
「うどんをうてる」
と、世間で公表すると かなりびっくりされる。
「えーーーーーーーーーー!うどんって買うもんじゃないの?」
うどんはうどん屋しか作れないと思っている。
いいえ、誰でも作れるのです。
てことで今日は、うどん親子教室。

小さなお手手で作ったうどん。
大変そうだけど、自分たちで作ったうどんは格別です。
いろんな太さがあるけど、
それはそれで、いいのだ。
それも、食の楽しさのひとつ。

うどんのアテは、「ハニーベイクドチキン」
はちみつ、マスタード、カレー粉、バター、塩をまぶして焼くだけ。
これまたこっくりしてて食がすすむ。
パンにもご飯にも合う味。
そして、デザートのカフェゼリー。
計量必要なしのカンタンゼリー。
アイスをのせて、家にあったIKUNOスイーツのクッキーケーキをトッピングして、
「これ!おいっしー!」とめっちゃ盛り上がったデザートだ。
久しぶりに食べたワタシも
「あら、ほんとやね。おいしいね」っておどろき。
夏の食がすすまない乙女たちのうどん教室だったけど、
完食してくれて一安心。。。
この夏、熱すぎて、親は食事を作りたくないけど、
子供は、夏バテで食欲がなくなってきて、だからこそご飯つくらなきゃって
でも、作りたくないー!っていう
悪循環なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です