スコーン

20代のころスコーンにとりかれて家でしょっちゅう焼いていた。
紅茶
アフタヌーンティ
おもてなし
ティーカップ
短大で英国文学の授業をとっていたので
紅茶の文化になると教授も白熱して一向に授業が進まなかったことを覚えている
その影響もあり
派手な時代もあり
紅茶とスコーンにとりつかれたのだ。
連休明けに教室でスコーンを焼くので久しぶりに復習
スーコンのいいところは、、焼きたても冷めても、、おいしい。
ということは
一人でどんどん食べてしまうというおそろしい魅惑スイーツ。。。
なのでワタシはしばらく封印したのだ。
そして今回の試作にあたり、予定どおり焼きたてから冷めてからまで
「味見」という言い訳のもとしっかり食べた。もちろんミルクティで。。。
かんたんスコーン
● 材料  
 薄力粉200g ベーキングパウダー小さじ1 タンサン小さじ1
 きび糖大さじ2  バター60g   卵1個  牛乳50cc
● 作り方
1. バターは1cm角に切って冷凍する。
2. フードプロセッサーに薄力粉 ベーキングパウダー、きび糖をいれて撹拌。
3. 卵、牛乳を入れてさらに撹拌し、粉がすこし残る程度で生地をだし
  ラップでくるむ。
  冷蔵で30分休ませる
4.台にだして三つ折りを角度をかえながら3回。厚さ2cmにして型抜き
5.180℃で15~20分焼く
★タンサンが入ると少しほろ苦さがでるので好き嫌いがでます。
タンサンを入れない場合いはベーキングパウダーを小さじ2にしてください。
ぜひオウチではまってください。。

ついでに
チャイの作り方も。
マサラチャイ
    
   一人分
    カルダモン クローブ各 1つ
     すりおろしショウガ シナモン 各小さじ1
     アールグレイ4g 水50cc 牛乳220cc
作り方
1. カルダモン、クローブをつぶす
2. ナベに水、スパイスを入れて沸騰させる。
  紅茶を加えて水がほとんどなくなるまで混ぜながらあたためる。
3. 牛乳を加え少し泡ができるまであたためる
4. 火をとめてフタをし2分蒸らす、
カルダモン、クローブはホールです。
瓶なのでつぶしてください。
最近は、イオンのカルディで売っているので手軽に購入できるようになりました♪
ぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です