次男がのっていた車を独身寮におくる。
「ねーちゃん!送る時間にわたしもいくわ」
と、夕方車をとりにきてくれる時間に姉の家にいく。
すると
軽自動車がきた。
え?
「ねーちゃん、車運ぶあのおおきい、どーんとしたんが来るんじゃないん?」
「来ないけど?あんた!まさか、それ見たくてきたん?」
「そうや」
「あら、そう。残念ね。そのへん走ってるからそれ見たらいいやん」
「まじかで見たかったの!!!」
「、あ、そう」
そして、車をとりにきてくれた方が、次男の車にのって帰った。
中にのってるのは赤の他人なのに最後に次男の車を写メる。
「ねーちゃん、なんかふしぎな感じやわ。身内が乗ってないのに
次男の車を撮るなんて」
「ま、ええやん」
毎回、次男に関しては意表をつかれた別れになり、
ポカーン、、、て感じだ。
感慨深くもなく、仕方ないので姉の家で休憩して帰った。
駐車場も広くなって、これでどーんと私の車も駐車できるようになりました。
うれしいような、、さみしいような。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です