月に一度スイーツ販売をしています
今月はさつまいもとオレンジのブラウニー。
さつまいもは牛乳、バター、きび糖で最初に甘く煮込んだものを
使います。
オレンジはフレッシュを皮と果肉使用。
ブラウニーはスイートチョコトとココアを使った贅沢生地。
意外と手がこみ、仕込みがかかるスイーツです。
おかずに使うときよりもスイーツに使うサツマイモは
神経を使います。味にバラつきがでますので。
カットしたらすぐに水につけ、さらに水がにごらなくなるまで
しっかり洗い、そしてたっぷりの水で30分つける。
火を通すときは時間をかけてじっくりと。さつまいもは急に熱しても
甘みをだしてくれないので低温でゆっくり汗をかくことで
甘みをだすタイミングに到着します。
おかずのときはそこまでしなくてもいいんだけど。。
手のかかる芋姫です。
なのでさつまいもオレンジブラウニーは前日からの仕込みが必須。
今回は2キロのさつま芋を地味にカットしてコトコト煮込みました。
途中何度も味見をして「おいしー!」と何度も確認しました。
これが一番おいしい。
翌日までゆっくり冷やして、、、
一気にケーキに焼きこみます。
しかし、焼いたところですぐにおいしいわけでなく。
半日以上冷蔵庫でしっかり冷やしてからいただくのが
一番おいしいとき。
一筋縄ではいかないさつまいもブラウニーです。
手間暇かけただけオイシイものができると信じて地味に作っています。
来月はハロウィンなので、いよいよかぼちゃマーブルチーズケーキ解禁です。
年に一度楽しみにしている方も多いカボチーです。
ついに、、食欲の扉が開かれた季節です。

ちなみに、ブラウニーの前にいる羊毛フェルトのさつまいも。
昔、作家さんがモンブランシリーズで
さつまいもモンブラン、栗モンブラン、かぼちゃモンブランを
モンブラン三銃士と称して羊毛フェルトで作ってくれたついでに
「これ、さつまいもなんだけど、見えないから名前つけてあげた」
たしかに見えない。
でも、名前があるとさつま芋に見えるから不思議だ。
今でもたいせつに登場させています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です