まれにみる
空前の
いまだかつてない
ほどの甘酒、麹ブーム。
通販業界では出せばだすほど売れる、品切れ続出。
麹作りが間に合わない。
そんな時代です。。
味噌屋さんがお味噌教室や甘酒教室などはじめだし
さらに麹不足。
昔から甘酒、麹好きのわたしにとってはうれしいような
つらいような。麹が手に入らないので漬物がつくれなかったり
塩麹や醤油麹も作ったり作れなかったり、、、
いまや、ヨーグルトメーカーさえも品切れ、価格高騰らしい。。
甘酒が作れるので。。
なので、去年から麹甘酒と併用で酒粕甘酒.
毎朝、酒粕紅茶を飲んでいます。
酒粕ペーストに、紅茶、はちみつを入れてまぜまぜ。
大人ミルクティです。
なんといっても酒粕の栄養がすごい!
タンパク質に食物繊維、美肌効果などなど
語ればキリがありません。
さらに新酒がでまわるこの冬の時期に買うのがおすすめ。
お酒やさんによって味が違うし
もちろん、酒粕なのでお酒の種類で風味が全く違うのも楽しみの一つ。
冷凍すれば一年はもちます。
好き嫌いがあるので、全員にというわけには、、、ですが
酒粕ペーストさえあれば、自分だけお味噌汁にちょいたし、
お鍋にちょいたし、なんでもおかずにちょい足しでOKです。
酒粕ペーストといっても大げさなものではなく、
酒粕をひたひたの水につけ、1時間~2時間。
柔らかくなれば水をすてて、へらなので練るだけ。
とても使いやすいペースト状になります。
甘酒にするときは、お湯、酒粕ペースト、はちみつや黒糖など
しょうがのすりおろしなど混ぜればOK。
マクロビ、ヴィーガンの方は豆乳マヨネーズや酒粕チーズなど
より詳しいと思うけど、一般にも当たりまえのように
広がっていいことです。
昔、友達の友だちが100%ヴィーガンの子がいて
オドロキの連続でした。まだワタシが20代だったので
食事以外でも動物を使った製品にも嫌悪感をだしていたので
ショッピングなどに行くと大変です。だんだん鬼の形相に・・・
ご飯を食べにいくのも大変。日本はかつおだしが多いので。
彼女は海外生活が長かったので、その生活が普通だったらしく
当時の日本では大変でした・・・ふー。。
数年前に知り合った方のご主人はフランス人でヴィーガンでした。
普通に「あ、主人ヴィーガンなの」
でも子どもたちには自由に食事させてるらしく、
食生活も楽しそうです。そして、とても食材料に詳しかった。
転勤して県外にいってしまったので、、もっといろいろ話したかったなー
一つ、食卓に楽しみがあると元気がでます。
あ、
来週、知人が韓国に旅行に行きます
「シナモンの皮があったら買ってきてー!」と頼んだので
スジョングァを作れるか、、来月楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です