火曜日は茜町にあるリフォーム会社グリュックさんの
リノベーションしたマンションルームでレッスン。
ショールームもかねているので
生活感がなくカフェにきたようなくつろげる空間です
つまり生活用品が全くないので、わたしは何から何まで持参します
竹串一本から材料、調理道具何もかもです。
そして、作業台というものがないので小さなカウンターでよりそって作業をします
そのため、計量、材料のカットもなるべく私が事前に用意し
作業工程を少なくしています。
何が言いたいかというと、
荷物が多いので、、忘れ物が多いということです。。。
今回は、まな板必要だったのにまな板を忘れ
煮込み料理を作るのにナベを忘れ。
だけど、なんと運のいいことに?なべを忘れた!と気づいたのが
ちょうど友達の家近く。
電話するとたまたまいたので、事情を説明してナベをひっさらえ、
何事もなかったかのようにレッスン部屋へ到着。
ふー。
でも、まな板を忘れたのは着いたからだったので、、、
「今日は、バットの裏をまな板かわりに使います♪」
「え?」
「今日は、まな板を忘れたので、何事も柔軟発想です♪」
ありがたいことに、私が何を忘れるかによってどんな展開でカバーするのかを
あえて楽しんでくれる生徒の皆さま。
忘れ物さえ楽しい話題になります。
そして、何事もなかったかのようでできたあさりと高野豆腐のトマト煮。
かぼちゃ、玉ねぎも一緒に入ってます。
これだけで十分満足できます。
ご飯にかけてもおいしいです。
高野豆腐は個性がないので中華でも洋風でも煮込みに合うと思います

そして、主役のキャラメルチーズケーキ!
いつ食べてもおいしい。。自分で言うのもなんだけど、、
一緒にいただきものの黒豆グラッセ、と
ドイツのお土産マジパンを添えて。
ドイツのお話をいろいろ聞いて楽しいひとときでした。
ドイツは大学まで国が面倒をみてくれるので学費がほとんどかからないため
就職すれば今度は国に税金をしっかり納めるようです。
子ども教育は自由で小学生でも勉強がなかなかすすめない子は
学年を無理してあがらなくても同じ学年をもう一年してもよし。
理解できたら学年をあがるらしいので小学生でも同じクラスに年齢の違う子が
たくさんいるようです。
本人が理解するまできっちり教える。根気と積み重ねがマイスター制度を
根強いものにしたのかなと思います。
10年の修行くらいは新人扱い15年~20年でやっとマイスターと言ってもいいくらい。
そして、このマジパン、おいしかった
日本のものとはちがって甘いけどスパイシー。
そして、かわいい。
ドイツは片道12時間だそうで。。
いつか、行きたいなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です