卒業式でした。
8時半まえに家をでて、およそ一時間体育館で待ち、
寒い。。。
だけど、眠い。。
ほぼうとうとしてしまった。。
やはり一番感動号泣は卒園式、次は小学校。
中学は、まぁふつうで、高校はとくに。。
だけど、最後に入学から卒業までの20分動画が流れたときは
じーんときました。
3年前。ほんとにあっというまだった。
毎日毎日自転車で通って弱音もはかず野球部だったので車送迎は一切禁止で
がんばって通った日もあっというまに終わってしまった
夏の県大会までは長かったけどそのあとは早かったな。。。
やれやれと卒業式が終わったあとは教室に移動して
生徒への卒業証書渡し、そして一言トーク。
そのときに先生の話がすごくよかった。
担任の先生は一度会社員になって、挫折していろいろあって
やっぱり、、という思いから教員をめざした先生だけに
「無駄なことは何ひとつない」は実感があった
そして「友達を大切にしてほしい」と。
なんと、今となりにいる友達、めぐりあう確率は1/240万
そして、親友に会える確率は1/2400万
だそうだ。何気にとなりにいる友達、同じクラス、部活の仲間だち
すごい確率で出会っている。
そしてこの先、予備校、大学で出会う友達はともに競争を勝ち抜いて
受験をがんばってきた志をともにした仲間だからこそ一生涯の友だちになる。
聞きながらそうか~。。と
私は短大だったので、どちらかというと全員がライバルで
2年間でぎゅうぎゅうの授業だったため自分のことで皆頭いっぱい。
正直、短大時代の友だちは今や誰とも交流はない。。。
そして教室で撮影会、
時代とはすごいもんで、、、
父兄がスマホで「こっち目線~」「こっちむいて~」
ばしゃばしゃ撮り記者会見ばりだった。。。
先生が「もう、、いいですか?」でやっと終了。ふー
そのあとは中庭でさらなるイベント
書道ガールによる送る言葉書道イベント、ダンス部によるPOPダンスにブラバン。
野球部は恒例の先輩一人ずつ胴上げ!
先輩が遠くから「わー~」と走ってきて後輩たちがそのまま
「そりゃ~」と胴上げ。ときどき「ムリムリムリムリ」と言って後輩全員が逃げたり
しーんて固まってままわざと目線ずらしたりなど
笑いもまじえてとっても楽しかった。
卒業式が終わったあとも生徒たちでスマホで写真を撮りまくり、時代だな~としみじみ。
しかし、母たちはそろそろ疲れが。。。。
このあと卒業試合も待っているので
「いったん帰って洗濯とりいれたい、、ご飯食べたい、着替えたい。あったかいもの飲みたい」
「もう帰っていいよ」
待ってましたこの言葉!姉と2人急いで家に帰り着替えてご飯をかけこみ
再び高校のグランドへ。
「ねえちゃん、卒業式ってこんなに忙しかったっけ??」
「ほんまにね」
3時前から、いよいよ本当に最後の高校野球試合納めでした
ふー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です