今日の蒸し暑だる重のなか、買い出しうろうろしていると
小学生の帰る時間となり、いろいろなランドセルの子供たちが帰ってる、
わたしは甥っ子三人なので、黒と、紺しか見てないけど、
数年前の知り合いの娘は、、
「パラダイスピンク」ランドセルでした。。。パラダイスって。。。。
最近は、ライトブルーがあったり、女子が紺だったりと
時代は変わったなーと思いながら、、ん?く、黒?
女子で黒のランドセル?らしきを発見。
いや、、よく見ると限りなく黒にちかい茶色だった。
ほー・・・かっこいい。
女の子だから赤。
という概念がなくなった時代。お菓子教室をしていても
青いリボンやカップを選ぶ子がいたり
男の子で赤い水玉カップを選んだりする。
ワタシは子供のころから、とにかく、赤とピンクが多かった。
色が白いのもあったけど、赤いコート、赤いブーツ、赤いマフラーに
夏はピンクのワンピ。
色だけ聞くとさぞやかわいい子供時代だったとうと勘違いしやすいが
とってもぶさいくな子供だったので、色白と洋服の色でカバーしないと、
という親心だったのかもしれない。。。
なんの疑問ももたず大人になったので今でも赤とかピンクを選んでしまうのは
子供のころからの習性?
小さいころに身に着ける色は
人生を左右させるのかなー・・紺のランドセルを背負う女子はどんな大人に。。
しかし、今日は蒸し暑かったー
こんな日に実は父の法事でした。
24年。
はやいなー。
法事なので父の好きそうだったものをついつい買ってしまう。
食にはうるさい人だったので、旬のものや季節のフルーツが出ると必ず買ってきた。
うまいものを食え。
自分のものさしだけですべてをはかるな
上も下も両方を見ろ
やるまえに、できないと言うな
失敗してもいいからとにかくやれ。
いちいちうるさいなーと思った子供時代だった。
料理人になりたかった父なので今、生きていたら何をしてたんだろうなー。
海外旅行に行って帰ってきたら必ず旅行先で食べたものをもう一回作ろうとしたり
朝からカリカリベーコンに、ふわふわオムレツ作ったりして
朝の忙しいとき面倒くさい父だった。
うまいものを食えという父は、子供のころから年に数回ほんとにいいものをたべさせてくれた。
「覚えとけ、これがうまい肉の味だ。」
普段の家ご飯もうまいけど、一流の味を知っておかないと
味の良さ、違いがわからない。違いと知ることが大事でくらべたりしてはいけない。
いつも、作ってくれる母や祖母のご飯をうまいと思うことも大事なんだと。
当時は何言ってるのかわからなかった。
今思うと贅沢な暮らしをさせてもらっていたなと思う。
カエルが大合唱するような田舎の家なのに。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です